ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本来であれば、買収した米国の通信大手スプリントの事業がさらに業績を押し上げていたはずであった。市場では米国からの撤退観測も出ているが、孫社長はこれを強く否定している。

softbankpepason
 同社が2015年8月6日に発表した2015年4~6月期決算は、売上高が前年同期比9.8%増の2兆1390億円、営業利益は7.6%増の3435億円だった。ブロードバンド通信サービスなど国内通信事業が好調だったことに加え、円安により買収した米スプリントの業績が拡大した。

 決算の数字はまずますだったが、同社の株価はこのところ冴えない展開が続いている。スプリント事業の改善が思ったよりスムーズに進んでいないからである。

 同社は2013年7月、216億ドル(当時のレートで約2兆2000億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。同社は続いて、米国第4位のTモバイルUSの買収を目指していた。
 米国の携帯電話市場は大手4社がシェア争いを行っている状況だが、トップのAT&Tと2位のベライゾンはそれぞれ30%程度のシェアを持っている。スプリントとTモバイルUSは、単体では上位2社に対抗できないが、両者が合併すれば、状況は大きく変わってくる。ソフトバンクのスプリント買収は、2社合併を当初からシナリオに組み込んだものだった。

 だが、米司法当局の寡占化に対する警戒感は根強く、TモバイルUSの買収に対して最後まで慎重姿勢を崩さなかった。結局ソフトバンクはTモバイルUSの買収を断念せざるを得なかった。

 スプリント単体では業績拡大に限界があることに加えて、同社のリストラも想定通りには進んでいない。むしろTモバイルUSの方が低価格攻勢を強めており、6月末時点の契約件数ではスプリントはTモバイルに抜かれ、4位に転落してしまった。日本円ベースではスプリントは増収増益だが、ドルベースでは売上高は減少、利益は横ばいである。

 ソフトバンクの孫社長は、TモバイルUSの買収に失敗した時にはスプリント売却も考えたことを明らかにした上で、現在では売却の意思はまったくないと断言、市場でくすぶるスプリント売却論を一蹴した。契約者は純増に転じており、今後、2年程度の期間をメドにスプリントの経営を軌道に乗せるとしている。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …