ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本来であれば、買収した米国の通信大手スプリントの事業がさらに業績を押し上げていたはずであった。市場では米国からの撤退観測も出ているが、孫社長はこれを強く否定している。

softbankpepason
 同社が2015年8月6日に発表した2015年4~6月期決算は、売上高が前年同期比9.8%増の2兆1390億円、営業利益は7.6%増の3435億円だった。ブロードバンド通信サービスなど国内通信事業が好調だったことに加え、円安により買収した米スプリントの業績が拡大した。

 決算の数字はまずますだったが、同社の株価はこのところ冴えない展開が続いている。スプリント事業の改善が思ったよりスムーズに進んでいないからである。

 同社は2013年7月、216億ドル(当時のレートで約2兆2000億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。同社は続いて、米国第4位のTモバイルUSの買収を目指していた。
 米国の携帯電話市場は大手4社がシェア争いを行っている状況だが、トップのAT&Tと2位のベライゾンはそれぞれ30%程度のシェアを持っている。スプリントとTモバイルUSは、単体では上位2社に対抗できないが、両者が合併すれば、状況は大きく変わってくる。ソフトバンクのスプリント買収は、2社合併を当初からシナリオに組み込んだものだった。

 だが、米司法当局の寡占化に対する警戒感は根強く、TモバイルUSの買収に対して最後まで慎重姿勢を崩さなかった。結局ソフトバンクはTモバイルUSの買収を断念せざるを得なかった。

 スプリント単体では業績拡大に限界があることに加えて、同社のリストラも想定通りには進んでいない。むしろTモバイルUSの方が低価格攻勢を強めており、6月末時点の契約件数ではスプリントはTモバイルに抜かれ、4位に転落してしまった。日本円ベースではスプリントは増収増益だが、ドルベースでは売上高は減少、利益は横ばいである。

 ソフトバンクの孫社長は、TモバイルUSの買収に失敗した時にはスプリント売却も考えたことを明らかにした上で、現在では売却の意思はまったくないと断言、市場でくすぶるスプリント売却論を一蹴した。契約者は純増に転じており、今後、2年程度の期間をメドにスプリントの経営を軌道に乗せるとしている。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …