ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議は2015年8月6日、会議から2日を経てようやく共同宣言の発表にこぎ着けた。南シナ海の埋め立てについて「深刻な懸念」という表現は入ったが、具体的な国名は入らず、ASEAN内部における足並みの乱れが浮き彫りになった。

asesan48th

 中国は南シナ海において埋め立てを強行しており、フィリピンとベトナムはこれに強く反発している。両国は、共同宣言に中国を牽制する内容を盛り込むよう各国に求めるともに、米国に対しては中国を強く牽制することを望んでいる。

 米国は、中国の動きに警戒しつつも、中国とは戦略的な対話を進めている最中であり、どこまで踏み込んだ発言をするのかが注目されていた。米国のケリー国務長官は「米国は引き続き南シナ海への関与を続ける」と発言したものの、それ以上の発言はなかった。

 一方、中国との関係が深い、カンボジア、ラオス、ミャンマーは中国との対立を望んでおらず、共同宣言では柔らかい記述にするよう求めており、ASEAN内部での意見調整は困難を極めた。

 結局、初日の会議が終わってから2日が経過し、ようやく共同宣言がまとまった。宣言には「一部の国から深刻な懸念が寄せられた」という記述は入ったが、具体的な国名は入っていない。また、フィリピンやベトナムが求めていた、踏み込んだ表現は採用されなかった。

 中国は、親中国を中心にインフラ支援という懐柔策をちらつかせ、多数派工作を図っている。圧倒的な経済力の違いに加え、米国が表立って中国を批判できない状況にあることから、フィリピンやベトナムの発言力は相対的に低下してしまう。

 親中国を含め、多くの国が中国に対する警戒感を示しつつも、中国主導でアジアの秩序が構築されるという状況は、当分の間、継続することになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

hadiemen
悪化するイエメン情勢。米国の中東政策は昔に逆戻り?

 国連の潘基文事務総長は2015年2月12日、イスラム教シーア派系民兵組織が事実 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

obamairan
イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …