ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議は2015年8月6日、会議から2日を経てようやく共同宣言の発表にこぎ着けた。南シナ海の埋め立てについて「深刻な懸念」という表現は入ったが、具体的な国名は入らず、ASEAN内部における足並みの乱れが浮き彫りになった。

asesan48th

 中国は南シナ海において埋め立てを強行しており、フィリピンとベトナムはこれに強く反発している。両国は、共同宣言に中国を牽制する内容を盛り込むよう各国に求めるともに、米国に対しては中国を強く牽制することを望んでいる。

 米国は、中国の動きに警戒しつつも、中国とは戦略的な対話を進めている最中であり、どこまで踏み込んだ発言をするのかが注目されていた。米国のケリー国務長官は「米国は引き続き南シナ海への関与を続ける」と発言したものの、それ以上の発言はなかった。

 一方、中国との関係が深い、カンボジア、ラオス、ミャンマーは中国との対立を望んでおらず、共同宣言では柔らかい記述にするよう求めており、ASEAN内部での意見調整は困難を極めた。

 結局、初日の会議が終わってから2日が経過し、ようやく共同宣言がまとまった。宣言には「一部の国から深刻な懸念が寄せられた」という記述は入ったが、具体的な国名は入っていない。また、フィリピンやベトナムが求めていた、踏み込んだ表現は採用されなかった。

 中国は、親中国を中心にインフラ支援という懐柔策をちらつかせ、多数派工作を図っている。圧倒的な経済力の違いに加え、米国が表立って中国を批判できない状況にあることから、フィリピンやベトナムの発言力は相対的に低下してしまう。

 親中国を含め、多くの国が中国に対する警戒感を示しつつも、中国主導でアジアの秩序が構築されるという状況は、当分の間、継続することになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …