ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下に個別事業を再配置すると発表した。現在、同社の主力となっている検索・広告事業は、グーグル部門としてひとつの事業子会社となる。

googlecar

 新しい体制では、Alphabetの傘下に、これまで同社の主力事業だった検索・広告事業と並んで、自動車事業、住宅事業、医療関連事業などが並立する形となる。
 同社の創業者でCEO(最高経営責任者)のペイジ氏は引き続きAlphabetのCEOに就任し、同じく創業者のブリン氏は社長に、現会長のシュミット氏は会長に就任する。持ち株会社の経営体制は基本的に従来と変わらない。

 一方、主力事業を引き継ぐ事業子会社であるグーグルのトップには、ピチャイ上級副社長が就任する。ピチャイ氏は、グーグルのブラウザ(クローム)や基本ソフト(アンドロイド)の責任者を務めた人物であり、同社の事業内容を熟知している。
 既存事業はピチャイ氏に権限移譲し、創業者であるペイジ氏とブリン氏は、新規事業により多くの時間を費やすことになる。
 現在上場しているグーグル株は上場廃止となるが、そのままAlphabet株に移行することができる。また証券コードも従来のまま変更はないという。
 
 持ち株会社に移行するのは、自動運転や医療など、同社が手がけてきた新規事業が本格的に立ち上がる時期を迎えており、事業の多角化が一気に進む可能性が高くなってきたからである。

 検索・広告事業は、今のところ順調に伸びているが、スマホの普及はほぼ一段落しており、これまでと同じペースの売上げ拡大は見込めない状況にある。自動運転車など、ネットへの接続環境が根本的に変化するような状況がなければ、近い将来、同社の成長は鈍化してしまう可能性が高い。
 現経営陣が、従来からの主力事業である検索・広告に多くの時間を割いていると、その他の事業を十分にコントールすることができない。検索・広告事業はピチャイ氏に任せ、新規事業ができるだけ早く立ち上がるよう、創業者が責任を持って対応する姿勢をアピールしたものと思われる。

 決算発表については、グーグル事業とその他の事業を分けて開示することになるので、従来と同様に、主力事業の状況はチェックすることが可能だ。
 また、これまでほとんど情報を開示してこなかった新規事業が開示対象になるとの期待から、投資家は今回の機構改革を好意的に評価している。機構改革の発表後、時間外の取引で同社株は6%以上上昇した。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

nisinnsu
韓国政府ハッキング対策チームによるIPアドレス勘違い事件から学べることとは?

 韓国のTV局や金融機関が大規模なハッキング被害に遭った問題で、韓国の官民軍合同 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

home03
米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・ …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

nintendowii
巨額赤字の任天堂。相続された株式の行方をめぐって市場は戦々恐々

 任天堂は2014年1月17日、2014年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

appleTV
アップルが大型TVを開発中?シャープが液晶を受注するためには鴻海の傘下入りが必須?

 米アップルが台湾の鴻海精密工業と共同で大画面TVの開発を進めているという。米ウ …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …