ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を変更し、事実上の通貨切り下げを行った。人民元は4年ぶりの安値水準に急落した。

jinmingen

 中国政府は、人民元の為替相場を一定の範囲内でコントロールする「管理変動相場制」を導入しており、人民元の変動幅は人民銀行が毎日公表する基準値から上下2%以内に制限されている。
 人民銀行は2015年8月11日、基準値を前日から約2%、翌12日はさらに1.6%引き下げた。このため上海外国為替市場では、人民元が1ドル=6.2097元から、1ドル=6.43元まで急落している。
 これによってドル円相場も一時125円台となり、ニューヨーク株式市場は大幅な下落となった。日本の株式市場も影響を受け、11日の日経平均株価は100円以上、12日の日経平均株価は300円以上の下げとなっている。

 中国が事実上の人民元切り下げを行ったのは、中国の景気失速が予想を超えるペースで進んでおり、通貨切り下げによって輸出を増大させる必要があると判断したからである。
 中国の7月の貿易統計(ドルベース)は輸出が前年同月比マイナス8.3%、輸入がマイナス8.1%と大きく減少した。3月にもマイナス15%という大幅な下落を記録しており、輸出の鈍化が著しい。

 ただ、米国の利上げが目前に迫っている中での突然の通貨切り下げは市場に大きなインパクトを与えてしまっている。中国経済の悪化が想定の範囲を超えているのではないかとの懸念が増大しており、新興国市場への波及も考えられる。

 今のところ人民元の切り下げで、米国の利上げタイミングが変わると見る市場関係者は少ない。米国経済は、内需主導型で輸出入の影響をあまり受けない体質になっていることがその理由である。
 ただ、今回の決定によって米国以外の国はすべて、事実上、大規模緩和を実施している状態となった。逆に言えば、中国としては米国の利上げが間近に迫っていることから、今しか切り下げを実施するタイミングがなかったともいえる。

 米国市場への影響はおそらく限定的だが、アジア諸国や日本への影響はかなり大きいと考えられる。しばらくは市場が荒れる展開が続く可能性が高いだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …