ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を変更し、事実上の通貨切り下げを行った。人民元は4年ぶりの安値水準に急落した。

jinmingen

 中国政府は、人民元の為替相場を一定の範囲内でコントロールする「管理変動相場制」を導入しており、人民元の変動幅は人民銀行が毎日公表する基準値から上下2%以内に制限されている。
 人民銀行は2015年8月11日、基準値を前日から約2%、翌12日はさらに1.6%引き下げた。このため上海外国為替市場では、人民元が1ドル=6.2097元から、1ドル=6.43元まで急落している。
 これによってドル円相場も一時125円台となり、ニューヨーク株式市場は大幅な下落となった。日本の株式市場も影響を受け、11日の日経平均株価は100円以上、12日の日経平均株価は300円以上の下げとなっている。

 中国が事実上の人民元切り下げを行ったのは、中国の景気失速が予想を超えるペースで進んでおり、通貨切り下げによって輸出を増大させる必要があると判断したからである。
 中国の7月の貿易統計(ドルベース)は輸出が前年同月比マイナス8.3%、輸入がマイナス8.1%と大きく減少した。3月にもマイナス15%という大幅な下落を記録しており、輸出の鈍化が著しい。

 ただ、米国の利上げが目前に迫っている中での突然の通貨切り下げは市場に大きなインパクトを与えてしまっている。中国経済の悪化が想定の範囲を超えているのではないかとの懸念が増大しており、新興国市場への波及も考えられる。

 今のところ人民元の切り下げで、米国の利上げタイミングが変わると見る市場関係者は少ない。米国経済は、内需主導型で輸出入の影響をあまり受けない体質になっていることがその理由である。
 ただ、今回の決定によって米国以外の国はすべて、事実上、大規模緩和を実施している状態となった。逆に言えば、中国としては米国の利上げが間近に迫っていることから、今しか切り下げを実施するタイミングがなかったともいえる。

 米国市場への影響はおそらく限定的だが、アジア諸国や日本への影響はかなり大きいと考えられる。しばらくは市場が荒れる展開が続く可能性が高いだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …