ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごとに個別に助成する制度に加え、論文の引用回数などを基準に世界に通用する研究が見込める大学を20~30校選択し資金を重点投入する。

 文部科学省によれば、他の先進国や新興国が学術論文の本数を増やしている中、日本は逆に本数を減らしており、国際的な地位が下がっているという。論文の引用回数が多い大学を重点的に助成することで、学術研究の競争力低下に歯止めをかけたい意向だ。

 だがもともと文部科学省の科学研究に対する助成は特定大学に重点的に配分する方式。科学研究助成の中核となっている科学研究費助成金(科研費)の助成を受けている大学は、金額順に東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、九州大学、北海道大学、名古屋大学と見事に旧帝国大学で占められている。当初からすでに大学重点方式なのである。

 同省はかつて、「トップ30」大学の育成策を打ち出したが、「旧帝国大に有利」であるとして、地方大学や私立大学が猛反発。研究ごとの助成に改めた経緯がある。今回の重点助成の構想はその焼き直しにすぎない。

 論文の引用数を基準にすると、これまで多額の予算を使ってきた旧帝国大学に圧倒的に有利となることは間違いない。私立大学や地方大学が不利にならないよう、上位10%に入った論文を優遇するなどの措置が取られるが、ほとんど効果がないだろう。

 近年、科学研究に対する投資と成果に関する研究も進み、官庁が今後伸びる分野を事前に特定することはほぼ不可能というコンセンサスが得られつつある。またマクロ的に資金を投じた分だけ研究成果が増えるものの、どの大学の誰が成果を上げるのかはやはり事前に予想できないというデータもある。

 日本は基礎研究に対する投資が少ないといわれるが、金額ベースでは決して低い水準ではない。米国に次いで2番目に多くの金額を研究開発に投じている。日本の研究開発能力が低いという話が本当なら、それは配分の方法に恣意性があると考えるのが自然である。であるとするならば、従来の配分方法の延長である旧帝大優遇策は効果を発揮しない可能性が高い。
 それとも研究開発能力が低下しているという話は実はウソで、より多くの予算を獲得したい文部官僚の作文なのだろうか?そう考えると話はスッキリするのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

amarikaiken
甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、 …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …