ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごとに個別に助成する制度に加え、論文の引用回数などを基準に世界に通用する研究が見込める大学を20~30校選択し資金を重点投入する。

 文部科学省によれば、他の先進国や新興国が学術論文の本数を増やしている中、日本は逆に本数を減らしており、国際的な地位が下がっているという。論文の引用回数が多い大学を重点的に助成することで、学術研究の競争力低下に歯止めをかけたい意向だ。

 だがもともと文部科学省の科学研究に対する助成は特定大学に重点的に配分する方式。科学研究助成の中核となっている科学研究費助成金(科研費)の助成を受けている大学は、金額順に東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、九州大学、北海道大学、名古屋大学と見事に旧帝国大学で占められている。当初からすでに大学重点方式なのである。

 同省はかつて、「トップ30」大学の育成策を打ち出したが、「旧帝国大に有利」であるとして、地方大学や私立大学が猛反発。研究ごとの助成に改めた経緯がある。今回の重点助成の構想はその焼き直しにすぎない。

 論文の引用数を基準にすると、これまで多額の予算を使ってきた旧帝国大学に圧倒的に有利となることは間違いない。私立大学や地方大学が不利にならないよう、上位10%に入った論文を優遇するなどの措置が取られるが、ほとんど効果がないだろう。

 近年、科学研究に対する投資と成果に関する研究も進み、官庁が今後伸びる分野を事前に特定することはほぼ不可能というコンセンサスが得られつつある。またマクロ的に資金を投じた分だけ研究成果が増えるものの、どの大学の誰が成果を上げるのかはやはり事前に予想できないというデータもある。

 日本は基礎研究に対する投資が少ないといわれるが、金額ベースでは決して低い水準ではない。米国に次いで2番目に多くの金額を研究開発に投じている。日本の研究開発能力が低いという話が本当なら、それは配分の方法に恣意性があると考えるのが自然である。であるとするならば、従来の配分方法の延長である旧帝大優遇策は効果を発揮しない可能性が高い。
 それとも研究開発能力が低下しているという話は実はウソで、より多くの予算を獲得したい文部官僚の作文なのだろうか?そう考えると話はスッキリするのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

girishashusho
革命家チェ・ゲバラを崇拝するギリシャの青年首相は欧州に何をもたらすか

 ギリシャの議会選挙で圧倒的な勝利を収めた急進左派連合のチプラス党首は2015年 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …