ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が70年談話を発表。政権弱体化を印象付ける無難な内容

 

 安倍首相は2015年8月14日、戦後70年談話を発表した。注目されていた歴史認識については「植民地支配」「侵略」「痛切な反省」など、過去の談話で用いられた言葉が踏襲され、歴代内閣の立場を引き継ぐ形に落ち着いた。

abe20150814

 談話では「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました」とし、歴代内閣が「反省」と「お詫び」を行ってきたことに言及した。また、中国大陸などに対する「侵略」についても、「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」として、過去に侵略を行ったと認める内容になっている。

 野党の一部は、「お詫び」などの言葉が引用という形で使われている点を指摘し、日本の加害者責任が曖昧であると批判している。実際、安倍首相には、これらの言葉に直接言及したくないという思いがあり、あえて間接的な表現になったことは間違いない。

 ただ、国際社会というパワーゲームの世界からみれば、こうしたレトリックはあまり意味をなさないだろう。関連するキーワードが盛り込まれたことで、歴代内閣の立場を継承したと認識される可能性が高い。
 中国は談話内容には直接言及せず、韓国は一定の評価をするコメントを出しており、今のところ諸外国からの目立った批判は見当たらない。

 当初、安倍首相は「お詫び」や「侵略」という言葉は使わない方針だったといわれる。だが、当初の方針を180度変えて、歴代内閣の立場を継承することになったのは、政権維持を最優先した結果と考えられる。
 このところ安保法案の問題で安倍政権の支持率が急低下していることに加え、自民党内の一部や、連立を組む公明党からも、安倍政権の方針を批判する声が出てくる状況となった。以前の安倍政権なら、談話見直しを強行するところだろうが、現在の政治情勢ではそれも難しい。

 とりあえず無難な内容に落ち着いたわけだが、今後の政権運営という点からすると、安倍政権にとっては不利になるかもしれない。
 これまでの安倍政権は、高い支持率を背景に、官邸主導で物事を進めてきた。だが今回は、安倍首相がもっとこだわる歴史認識の部分において、周辺からの圧力に屈したという図式になった。安倍政権の権力基盤が弱くなったという印象は避けられない。

 来週発表になる4~6月期のGDPはマイナスの予想である。アベノミクスで景気を浮揚させ、取り扱いの難しいイデオロギー問題をカバーするという戦略は描きづらい。来年は参院選も控えており、政治状況はかなり不透明になってきたといえるだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

no image
中国の漁船団1000隻が尖閣に集結との情報。ただし位置特定システム上では未確認

 日本の尖閣諸島国有化に対抗して、大量出航したといわれている中国の漁船1000隻 …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

iijima03
飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?

 北朝鮮メディアによると、北朝鮮を訪問中の飯島勲内閣官房参与は15日、北朝鮮労働 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …