ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.6%となった。大幅なプラスだった前期(プラス1.1%)から一転、マイナス成長に転落した。マイナス幅はほぼ予想の範囲に収まっている。

birukensetsu

 GDPの中でもっとも大きな割合を占めるのが個人消費だが、前期比0.8%減と大きく落ち込んだ。1~3月期までは3四半期連続でプラスとなっており、消費が持ち直しているという期待感があったが、ここに来て、息切れを起こしてしまった格好だ。
 春以降、円安を背景に食料品などの値上げが相次いでおり、消費者心理が後退した可能性が高い。物価上昇に賃金が追い付いていないことも影響しているだろう。

 輸出も冴えなかった。中国の景気失速など、世界的な需要低迷が響き、輸出は4.4%減、輸入は2.6%減となった。エネルギー価格が下落しており、国内消費には有利な環境となっているはずだが、円安がこれを打ち消している。

 輸出の低迷で企業は設備投資を控えた可能性があり、設備投資も0.1%減となった。ただ前期は期末であることも関係して2.8%増となっており、今期はその反動という側面もある。設備投資のトレンドがマイナスになったのかは、現時点では分からない。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続き、完全に公共事業依存型の景気であった。だが2015年1~3月期は、減少する公共事業を個人消費が補う形となり、民需主導による景気回復への道筋が見えかけていた。
 今期、個人消費が再び低迷してしまったことで、多くの市場関係者が落胆している。7~9月期のGDPにおいて、個人消費が回復するのかが、今後の景気動向のカギとなるだろう。

 もっとも、マイナス成長を受けて、政府内部では補正予算の議論が活発になる可能性が高い。安倍政権の支持率が低下していることも、これを後押しするだろう。公共事業で当面の景気を浮揚させることは可能だが、それでは、弱い個人消費を公共事業がカバーするという従来の図式に戻ってしまう。

 市場の期待感を実体経済の回復につなげるというアベノミクスの基本戦略は果たしてうまく機能するのか。そろそろ、その答が出る局面を迎えているようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

goldenspike
とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …