ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.6%となった。大幅なプラスだった前期(プラス1.1%)から一転、マイナス成長に転落した。マイナス幅はほぼ予想の範囲に収まっている。

birukensetsu

 GDPの中でもっとも大きな割合を占めるのが個人消費だが、前期比0.8%減と大きく落ち込んだ。1~3月期までは3四半期連続でプラスとなっており、消費が持ち直しているという期待感があったが、ここに来て、息切れを起こしてしまった格好だ。
 春以降、円安を背景に食料品などの値上げが相次いでおり、消費者心理が後退した可能性が高い。物価上昇に賃金が追い付いていないことも影響しているだろう。

 輸出も冴えなかった。中国の景気失速など、世界的な需要低迷が響き、輸出は4.4%減、輸入は2.6%減となった。エネルギー価格が下落しており、国内消費には有利な環境となっているはずだが、円安がこれを打ち消している。

 輸出の低迷で企業は設備投資を控えた可能性があり、設備投資も0.1%減となった。ただ前期は期末であることも関係して2.8%増となっており、今期はその反動という側面もある。設備投資のトレンドがマイナスになったのかは、現時点では分からない。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続き、完全に公共事業依存型の景気であった。だが2015年1~3月期は、減少する公共事業を個人消費が補う形となり、民需主導による景気回復への道筋が見えかけていた。
 今期、個人消費が再び低迷してしまったことで、多くの市場関係者が落胆している。7~9月期のGDPにおいて、個人消費が回復するのかが、今後の景気動向のカギとなるだろう。

 もっとも、マイナス成長を受けて、政府内部では補正予算の議論が活発になる可能性が高い。安倍政権の支持率が低下していることも、これを後押しするだろう。公共事業で当面の景気を浮揚させることは可能だが、それでは、弱い個人消費を公共事業がカバーするという従来の図式に戻ってしまう。

 市場の期待感を実体経済の回復につなげるというアベノミクスの基本戦略は果たしてうまく機能するのか。そろそろ、その答が出る局面を迎えているようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

twitter02
ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …