ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.6%となった。大幅なプラスだった前期(プラス1.1%)から一転、マイナス成長に転落した。マイナス幅はほぼ予想の範囲に収まっている。

birukensetsu

 GDPの中でもっとも大きな割合を占めるのが個人消費だが、前期比0.8%減と大きく落ち込んだ。1~3月期までは3四半期連続でプラスとなっており、消費が持ち直しているという期待感があったが、ここに来て、息切れを起こしてしまった格好だ。
 春以降、円安を背景に食料品などの値上げが相次いでおり、消費者心理が後退した可能性が高い。物価上昇に賃金が追い付いていないことも影響しているだろう。

 輸出も冴えなかった。中国の景気失速など、世界的な需要低迷が響き、輸出は4.4%減、輸入は2.6%減となった。エネルギー価格が下落しており、国内消費には有利な環境となっているはずだが、円安がこれを打ち消している。

 輸出の低迷で企業は設備投資を控えた可能性があり、設備投資も0.1%減となった。ただ前期は期末であることも関係して2.8%増となっており、今期はその反動という側面もある。設備投資のトレンドがマイナスになったのかは、現時点では分からない。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続き、完全に公共事業依存型の景気であった。だが2015年1~3月期は、減少する公共事業を個人消費が補う形となり、民需主導による景気回復への道筋が見えかけていた。
 今期、個人消費が再び低迷してしまったことで、多くの市場関係者が落胆している。7~9月期のGDPにおいて、個人消費が回復するのかが、今後の景気動向のカギとなるだろう。

 もっとも、マイナス成長を受けて、政府内部では補正予算の議論が活発になる可能性が高い。安倍政権の支持率が低下していることも、これを後押しするだろう。公共事業で当面の景気を浮揚させることは可能だが、それでは、弱い個人消費を公共事業がカバーするという従来の図式に戻ってしまう。

 市場の期待感を実体経済の回復につなげるというアベノミクスの基本戦略は果たしてうまく機能するのか。そろそろ、その答が出る局面を迎えているようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …