ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.6%となった。大幅なプラスだった前期(プラス1.1%)から一転、マイナス成長に転落した。マイナス幅はほぼ予想の範囲に収まっている。

birukensetsu

 GDPの中でもっとも大きな割合を占めるのが個人消費だが、前期比0.8%減と大きく落ち込んだ。1~3月期までは3四半期連続でプラスとなっており、消費が持ち直しているという期待感があったが、ここに来て、息切れを起こしてしまった格好だ。
 春以降、円安を背景に食料品などの値上げが相次いでおり、消費者心理が後退した可能性が高い。物価上昇に賃金が追い付いていないことも影響しているだろう。

 輸出も冴えなかった。中国の景気失速など、世界的な需要低迷が響き、輸出は4.4%減、輸入は2.6%減となった。エネルギー価格が下落しており、国内消費には有利な環境となっているはずだが、円安がこれを打ち消している。

 輸出の低迷で企業は設備投資を控えた可能性があり、設備投資も0.1%減となった。ただ前期は期末であることも関係して2.8%増となっており、今期はその反動という側面もある。設備投資のトレンドがマイナスになったのかは、現時点では分からない。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続き、完全に公共事業依存型の景気であった。だが2015年1~3月期は、減少する公共事業を個人消費が補う形となり、民需主導による景気回復への道筋が見えかけていた。
 今期、個人消費が再び低迷してしまったことで、多くの市場関係者が落胆している。7~9月期のGDPにおいて、個人消費が回復するのかが、今後の景気動向のカギとなるだろう。

 もっとも、マイナス成長を受けて、政府内部では補正予算の議論が活発になる可能性が高い。安倍政権の支持率が低下していることも、これを後押しするだろう。公共事業で当面の景気を浮揚させることは可能だが、それでは、弱い個人消費を公共事業がカバーするという従来の図式に戻ってしまう。

 市場の期待感を実体経済の回復につなげるというアベノミクスの基本戦略は果たしてうまく機能するのか。そろそろ、その答が出る局面を迎えているようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …