ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめた。アベノミクスの成果を強調する一方、実質賃金が伸び悩んでいる現状を指摘する内容となった。日本経済の課題としては、労働生産性とイノベーションを取り上げている。

keizaihakusho2015

 白書では、日本経済の現状について、2012年末に持ち直しに転じ「デフレ状況ではなくなった」と分析している。また、経済の好循環が着実に回り始めており「四半世紀となる良好な経済状況」にあるという認識を示した。
 一方で、実質賃金が上昇しておらず、低所得者層を中心に消費が抑制されつつある状況についても指摘している。17日に発表された4~6月期のGDPはマイナス成長だったが、個人消費の低迷が足を引っ張っており、まさに白書の指摘する通りになっている。

 中長期的な課題としては、日本経済の生産性の低さやイノベーションの問題に言及した。
 よく知られているように日本企業の労働生産性は他の先進国に比べて低い水準にとどまっており、これが順調な成長を妨げている。白書では、特定産業の生産性を向上させるのではなく、各産業がそれぞれ生産性を向上させる方が、経済全体への効果が大きいとしている。そのためには同一産業内で、生産性の高い企業に人材をシフトする必要がある。

 しかし日本企業における雇用者数の伸びを見てみると、高収益企業における雇用者数の伸びと、低収益企業の雇用者数の伸びの差は、年々縮小している。生産性の低い会社が余剰人員を抱えたままとなっており、これが各産業における全体の生産性を引き下げている。
 白書では、労働市場を流動化し、高い生産性を持つ企業への人材シフトを円滑化する必要があると指摘している。

 イノベーションについても同様である。日本における研究開発費の対GDP比は米国を上回っているが、現実の経済成長には結びついていない。つまり、研究開発についても効率が悪い状態が続いているのだ。
 特許の国際出願に占める国際共同出願の割合は低い水準にとどまっており、研究開発が国内だけで完結している可能性が高い。研究開発投資を経済成長に結びつけるには、研究開発体制をよりオープンにする必要があると白書は指摘している。

 こうした改革は、量的緩和策や財政出動といったマクロ政策に比べて地味であり、しかも実施には困難が伴う。このため日本では、表面的に議論されることはあっても、ほとんど実行に移されることはなかった。

 だが、米国やドイツなど、高成長を維持している国の多くは、こうした取り組みを地道に行っている。市場に期待に働きかけるアベノミクスの初期段階はすでに終了していることを考えると、そろそろ腰を据えた議論が必要である。

 - 経済 ,

  関連記事

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …