ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめた。アベノミクスの成果を強調する一方、実質賃金が伸び悩んでいる現状を指摘する内容となった。日本経済の課題としては、労働生産性とイノベーションを取り上げている。

keizaihakusho2015

 白書では、日本経済の現状について、2012年末に持ち直しに転じ「デフレ状況ではなくなった」と分析している。また、経済の好循環が着実に回り始めており「四半世紀となる良好な経済状況」にあるという認識を示した。
 一方で、実質賃金が上昇しておらず、低所得者層を中心に消費が抑制されつつある状況についても指摘している。17日に発表された4~6月期のGDPはマイナス成長だったが、個人消費の低迷が足を引っ張っており、まさに白書の指摘する通りになっている。

 中長期的な課題としては、日本経済の生産性の低さやイノベーションの問題に言及した。
 よく知られているように日本企業の労働生産性は他の先進国に比べて低い水準にとどまっており、これが順調な成長を妨げている。白書では、特定産業の生産性を向上させるのではなく、各産業がそれぞれ生産性を向上させる方が、経済全体への効果が大きいとしている。そのためには同一産業内で、生産性の高い企業に人材をシフトする必要がある。

 しかし日本企業における雇用者数の伸びを見てみると、高収益企業における雇用者数の伸びと、低収益企業の雇用者数の伸びの差は、年々縮小している。生産性の低い会社が余剰人員を抱えたままとなっており、これが各産業における全体の生産性を引き下げている。
 白書では、労働市場を流動化し、高い生産性を持つ企業への人材シフトを円滑化する必要があると指摘している。

 イノベーションについても同様である。日本における研究開発費の対GDP比は米国を上回っているが、現実の経済成長には結びついていない。つまり、研究開発についても効率が悪い状態が続いているのだ。
 特許の国際出願に占める国際共同出願の割合は低い水準にとどまっており、研究開発が国内だけで完結している可能性が高い。研究開発投資を経済成長に結びつけるには、研究開発体制をよりオープンにする必要があると白書は指摘している。

 こうした改革は、量的緩和策や財政出動といったマクロ政策に比べて地味であり、しかも実施には困難が伴う。このため日本では、表面的に議論されることはあっても、ほとんど実行に移されることはなかった。

 だが、米国やドイツなど、高成長を維持している国の多くは、こうした取り組みを地道に行っている。市場に期待に働きかけるアベノミクスの初期段階はすでに終了していることを考えると、そろそろ腰を据えた議論が必要である。

 - 経済 ,

  関連記事

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

bitcoin
米当局がビットコインを事実上公認。日本は巨額の富を失ったかもしれない

 米内国歳入庁(IRS)は2014年3月25日、仮想通貨ビットコインに関する税務 …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …