ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議において、領有権問題をめぐって早くも会議が紛糾している。

 首脳会議では、法的拘束力を持つ「行動規範」の策定を目指しているが、領有権問題で強硬な態度を取る中国に対して、日本、ベトナム、フィリピンが反発している。今回の議長国であるカンボジアは各国から中国寄りと見られており、交渉をさらにやっかいにしている。

 議長国であるカンボジアは共同声明の草案を各国に提示したが、その中には「ASEAN各国は領有権問題を国際問題化しないことで一致した」との文章が盛りこまれていた。だがフィリピンのデルロサリオ外相は「そのような合意はない。案には賛同できないと正式に発言している」として強く反発している。領有権問題は2国間で処理すべきとの立場を強調している中国に配慮し、カンボジアが文面を改変したと考えられる。

 一方、首脳会議に参加している米国は領有権問題について、多国間協議の対象とすることは支持したものの、日本、ベトナム、フィリピンの主張そのものについては支持する意向がないことを明確にしている。

 領有権問題を国際問題にしたくない中国と、中国に遠慮する米国やカンボジアという構図が明確になりつつある。行動規範の策定には紆余曲折が予想される。

 - 政治

  関連記事

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …