ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2681億円の赤字となった。赤字となるのは4カ月連続。中国向け輸出が伸び悩んだが、原油価格の下落で輸入額も減少しており、赤字額は前年同月と比較すると大幅に少なくなっている。

bouekitoukei 201507

 輸出額は6兆6638億円と前年同月比で7.6%増加した。米国向けの自動車が好調だったほか、今月は船舶の輸出が大きかった。輸入額は6兆9318億円と前年同月比で3.2%の減少となっている。原油価格の下落によって関連製品の輸入金額が減ったことが主な要因。

 ただ数量ベースでは、輸出、輸入ともに減少となっている。特に中国向けの輸出が冴えず、数量ベースでは前年割れの状態が続いている。

 日本は2011年以降、貿易赤字体質が定着している。一時は、赤字の規模が毎月1兆円に達していたが、円安が進み、見かけ上、輸出が回復したことで赤字の額は縮小しつつある。ただ、輸出の数量が増えていないことや、中国の景気低迷などを考えると、輸出主導による黒字化には至らない可能性が高い。

 一方で、原油価格の下落は長期化するとの見方が強まっており、こちらは輸入金額の減少につながる。国内消費が拡大すれば、中国やアジアからの輸入が増え、原油安の影響を相殺するが、4~6月期のGDPは消費の低迷によってマイナス成長であった。家計の実質賃金は減少しており、消費が短期間で盛り返すことはないだろう。

 しばらくの間、低迷する輸出と安い原油、さらに消費の停滞が重なり、小規模な貿易赤字が継続する可能性が高くなってきた。

 そうなってくると、貿易赤字に大きな影響を与えるのは為替ということになるが、為替市場も膠着状態が続いており、今のところ大きな動きがない。
 米国が利上げに踏み切ってもそのペースは穏やかなものになることは確実である。日銀が追加緩和に踏み切れば、為替が再び動き出すことになるが、追加緩和の実施についても、市場の予想は半々であり、しばらくは緩和がない可能性もある。

 現在の貿易収支は一種の縮小均衡というわけだが、この状況は意外と長く続くことになるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …