ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2681億円の赤字となった。赤字となるのは4カ月連続。中国向け輸出が伸び悩んだが、原油価格の下落で輸入額も減少しており、赤字額は前年同月と比較すると大幅に少なくなっている。

bouekitoukei 201507

 輸出額は6兆6638億円と前年同月比で7.6%増加した。米国向けの自動車が好調だったほか、今月は船舶の輸出が大きかった。輸入額は6兆9318億円と前年同月比で3.2%の減少となっている。原油価格の下落によって関連製品の輸入金額が減ったことが主な要因。

 ただ数量ベースでは、輸出、輸入ともに減少となっている。特に中国向けの輸出が冴えず、数量ベースでは前年割れの状態が続いている。

 日本は2011年以降、貿易赤字体質が定着している。一時は、赤字の規模が毎月1兆円に達していたが、円安が進み、見かけ上、輸出が回復したことで赤字の額は縮小しつつある。ただ、輸出の数量が増えていないことや、中国の景気低迷などを考えると、輸出主導による黒字化には至らない可能性が高い。

 一方で、原油価格の下落は長期化するとの見方が強まっており、こちらは輸入金額の減少につながる。国内消費が拡大すれば、中国やアジアからの輸入が増え、原油安の影響を相殺するが、4~6月期のGDPは消費の低迷によってマイナス成長であった。家計の実質賃金は減少しており、消費が短期間で盛り返すことはないだろう。

 しばらくの間、低迷する輸出と安い原油、さらに消費の停滞が重なり、小規模な貿易赤字が継続する可能性が高くなってきた。

 そうなってくると、貿易赤字に大きな影響を与えるのは為替ということになるが、為替市場も膠着状態が続いており、今のところ大きな動きがない。
 米国が利上げに踏み切ってもそのペースは穏やかなものになることは確実である。日銀が追加緩和に踏み切れば、為替が再び動き出すことになるが、追加緩和の実施についても、市場の予想は半々であり、しばらくは緩和がない可能性もある。

 現在の貿易収支は一種の縮小均衡というわけだが、この状況は意外と長く続くことになるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

nichigin04
家計の金融資産は1700兆円を突破。株式は3年で2倍になった

 日銀は2015年6月29日、1~3月期の資金循環統計を発表した。3月末の家計に …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …