ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2681億円の赤字となった。赤字となるのは4カ月連続。中国向け輸出が伸び悩んだが、原油価格の下落で輸入額も減少しており、赤字額は前年同月と比較すると大幅に少なくなっている。

bouekitoukei 201507

 輸出額は6兆6638億円と前年同月比で7.6%増加した。米国向けの自動車が好調だったほか、今月は船舶の輸出が大きかった。輸入額は6兆9318億円と前年同月比で3.2%の減少となっている。原油価格の下落によって関連製品の輸入金額が減ったことが主な要因。

 ただ数量ベースでは、輸出、輸入ともに減少となっている。特に中国向けの輸出が冴えず、数量ベースでは前年割れの状態が続いている。

 日本は2011年以降、貿易赤字体質が定着している。一時は、赤字の規模が毎月1兆円に達していたが、円安が進み、見かけ上、輸出が回復したことで赤字の額は縮小しつつある。ただ、輸出の数量が増えていないことや、中国の景気低迷などを考えると、輸出主導による黒字化には至らない可能性が高い。

 一方で、原油価格の下落は長期化するとの見方が強まっており、こちらは輸入金額の減少につながる。国内消費が拡大すれば、中国やアジアからの輸入が増え、原油安の影響を相殺するが、4~6月期のGDPは消費の低迷によってマイナス成長であった。家計の実質賃金は減少しており、消費が短期間で盛り返すことはないだろう。

 しばらくの間、低迷する輸出と安い原油、さらに消費の停滞が重なり、小規模な貿易赤字が継続する可能性が高くなってきた。

 そうなってくると、貿易赤字に大きな影響を与えるのは為替ということになるが、為替市場も膠着状態が続いており、今のところ大きな動きがない。
 米国が利上げに踏み切ってもそのペースは穏やかなものになることは確実である。日銀が追加緩和に踏み切れば、為替が再び動き出すことになるが、追加緩和の実施についても、市場の予想は半々であり、しばらくは緩和がない可能性もある。

 現在の貿易収支は一種の縮小均衡というわけだが、この状況は意外と長く続くことになるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …