ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・アローラ副社長が、同社の株式600億円分を取得すると発表した。私財を投じ、孫社長に次ぐ持ち株を保有することで、全力で業務にあたる覚悟を示した。

 softbankson02
 アローラ氏は今年6月、次期社長の最有力候補という形で同社の副社長に就任した。現在は自社株を保有していないため、今後半年かけて市場から購入する。
 ソフトバンクの時価総額は約9兆円であり、今の価格で600億円分を購入すると持ち株比率は約0.7%になる。個人としては、現在、筆頭株主となっている孫氏に次ぐ株主となり、正式に社長に就任すれば、事実上アローラ氏はオーナー社長ということになる。

 アローラ氏は孫氏が次期社長候補としてグーグルから引き抜いた人物。同社は昨年度、アローラ氏に総額165億5600万円の報酬を支払っている(入社の契約金含む)。高額報酬が大きな話題となったが、その高額報酬の3.5倍の金額を自社株に投資することになった。

 株式会社という構造上、経営者は株主との間で利益相反を起こしやすい。自身はリスクなしで高額報酬をもらい、放漫経営の失敗による損失は株主に負わせることが原理的に可能となるからだ。

 こうした事態を防ぐために社外取締役など、コーポレートガバナンスの整備が重要といわれている。だが東芝の不正会計の例を見ても分かるように、形だけ社外役員を入れても、経営者にその気がなければうまく機能しない。
 最強のコーポレートガバナンスは、経営者の利害が株主と一致していることである。経営に失敗すれば、自らの資産も失うというプレッシャーは想像以上に大きい。トヨタやソフトバンクなど、超優良企業にオーナー社長が多いのはそのためである。

 ソフトバンクは孫社長のカリスマ的指導力でここまで伸びてきた企業であり、どのような人物を後継者に据えても、軽量級との印象はぬぐえないという問題があった。しかしアローラ氏は、グーグル出身というブランドに加え、会社の成長に自らの資産を賭けるという姿勢を明確にしたことで、こうした懸念は一気に払拭された可能性が高い。

 日本企業の経営者の報酬はグローバル化の流れによって、このところ高額化が進んでいるが、肝心の業績はグローバルに見るとお寒い限りである。役員報酬だけがグローバル基準に沿って上がっていくというちぐはぐな状況になりつつある。

 孫氏は役員報酬を1億円3100万円しか受け取っていない。一方、日本の上場企業で1億円以上の報酬を受け取る役員の数は400人を突破している。この中で孫氏と同等の働きをしている経営者は極めて少ないはずだ。

 孫氏の年収は実は100億円を超えているのだが、そのほとんどは自社株からの配当などである。業績にかかわらず一定額を会社から受け取るのではなく、経営に成功してはじめて獲得できる報酬がほとんどを占めているということになる。600億円もの自社株を保有するアローラ氏も同じような状況となる。

 今回のアローラ氏による自社株購入は、上場企業の役員における高額報酬の受け取り方のひとつのモデルケースといってよいだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …