ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的との見方が依然として根強いが、日本株については、必ずしもそうとはいえない状況になりつつある。場合によっては低迷が長期化する可能性も視野に入れておいた方がよいだろう。

tosho05

 先週末のニューヨーク株式市場は大幅安となり、ダウ平均株価は531ドル(3.1%)も下落して取引を終了した。ダウは先週1週間で6%近くの下落、直近の高値18312ドルからは約10%の下落となっている。ダウは2014年10月以来の株価上昇のほとんどを帳消しにした。

 日本株も同様で、直近の高値2万946円93銭から7%以上の下落となっている。市場ではそろそろ押し目買いが入り、一旦は底を打つという期待感が出ていたが、24日の東京株式市場は、先週末からさらに360円下落し、1万9075円36銭で取引が始まっている。
 短期的にはどこかのタイミングで下げ止まる可能性が高いものの、もう少し長いスパンで見た場合、日本市場には懸念材料が多い。

 ひとつは為替である。一連の株価下落を受けて東京外国為替市場は1ドル=121円台まで円が上昇している。これまでの株高は、現地通貨ベースの業績拡大というよりも、円安による業績のかさ上げを織り込んでいた。この水準の円高が今後も継続するということになると、日本株の割安感は薄れてきてしまう。

 もうひとつは個人消費の弱さである。内閣府が発表した4~6月期の実質GDP(国内総生産)はマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.6%となった。輸出の減少が寄与度としては大きいが、気になるのは個人消費が前期比0.8%減と大きく落ち込んだことである。

 春以降、円安を背景に食料品などの値上げが相次いでおり、消費者心理が大きく後退している。実質賃金の減少が続いており、消費者は財布の紐を締めている可能性が高い。仮に円高となっても、事業者が価格を戻すとは考えにくいので、消費者のマインドはなかなか好転しないだろう。
 米国も日本と同様に中国株下落の影響を受けているが、堅調な個人消費が続いており、今のところ消費に関する懸念材料はない。距離的に近いことも考えると、中国株下落の影響をもっとも大きく受けるのは日本である可能性が高い。

 中国向けの輸出不振に消費者心理の後退が加わり、円高で日本企業における業績の割安感が薄れてきてしまうと、積極的に株を買う材料がなくなってしまう。過度に悲観する必要はないが、円安による業績回復期待を軸にした、従来の株価上昇シナリオは、場合によっては見直しが必要かもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …