ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク株式市場は一時、1000ドルを超す下げとなり、翌25日の東京株式市場もさらに500円下げて取引が始まっている。
 パニック売りに近い状態だが、世界経済のファンダメンタルが大きく変化したわけではない。それにも関わらず、これほどの混乱となるのは、中国における景気失速の状況が外部からよく見えないからである。

tenanmon

 中国はこれまで実質で10%台の成長を維持してきたが、2010年以降はこれが7%に減速している。中国政府はこの状態を維持することを政策目標としているが、中国経済の実態はもっと悪い。

 昨年後半から輸出が停滞しており、今年に入ってからは、前年同月比で大きなマイナスになる月も出ている。これまで最大の成長エンジンであったインフラ投資は過剰投資の状況となっており、そのペースは大幅にダウンしている。
 中国国家統計局が発表した4~6月期のGDPは何とか7%を維持しているが、実際には3%程度の成長しかないと見た方がよいだろう。市場関係者の中にはマイナス成長と指摘する人もいる。

 中国はシャドーバンキングと呼ばれる銀行融資以外の融資が急増しており、GDPに対する債務比率は日本のバブル崩壊やリーマンショック時の米国に匹敵する水準となっている。実質的に中国はバブル崩壊状態にあるが、リーマンショックのような金融パニックになる可能性は低いと考えられる。

 その理由は、中国市場は未成熟で閉鎖的であり、グローバルな資金はそれほど入っていないからである。さらにいえば、中国は統制経済の国であり、最悪の場合には、金融取引を制限したり、価格を開示しないといった強制措置が可能である。リーマンショックは開かれた自由市場だからこそ発生する危機といえる。

 だが、そうだからといって中国市場が安泰というわけではない。これまでの過剰投資のツケで、中国は日本のバブル崩壊と同様、多額の不良債権が重くのしかかるバランスシート不況に突入する可能性が高くなってきた。
 日本市場は透明性が低かったことから、不良債権の全貌がなかなか分からず、その処理には10年以上の歳月を要した。中国市場の透明性は日本よりもさらに低いので、不良債権の処理は困難を極めるだろう。

 中国市場の崩壊が世界の金融市場に与える影響の範囲が分かってくれば、市場の混乱はとりあえず収まってくると考えられる。だが、中国のバランスシート不況が、世界経済の重しとなる可能性は高まっており、中長期的な悪影響はむしろ増大しているかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …