ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9月2日、日本でのサービスを開始する。日本ではネットの動画配信はあまり普及していないが、米国ではテレビを超える存在となりつつある。動画配信の大本命が上陸したことで、地上波テレビ局が独占してきたコンテンツ市場に風穴が開くことが期待されている。

netflix
 ネットフリックスは、約50カ国で6000万人近くが利用するネット動画配信サービスの最大手。米国では規制緩和が進んでおり、キー局が全体をコントロールする従来型の地上波テレビ局というものはもはや存在していない。
 最近ではインターネット動画配信サービスが急拡大しているが、ネットフリックスはその代表的な企業である。月9ドル程度の利用料でドラマなどのコンテンツが見放題となる。

 ネットフリックスの日本における利用料金は、もっとも安いコースで月額650円となっており、米国の最低料金を3割も下回る。日本では地上波テレビ局が、無料で大量のコンテンツを提供しており、こうした環境でシェアを拡大するため戦略的な価格設定を行った。
 またサービスの販売面ではソフトバンクグループと提携する。ネット上で顧客が直接申し込む形式に加え、ソフトバンクの携帯電話販売網でもサービスを展開する。ソフトバンク経由で申し込めば、利用料金を毎月の携帯料金とまとめて支払うことができる。

 日本では、地上波テレビ局が圧倒な量のコンテンツを保有しており、ネットの動画配信はあまり普及していなかった。ただ若年層を中心にテレビを見ない層が徐々に増えてきており、ネット動画配信が普及する環境は整いつつある。

 またネットフリックスは世界最大手ということもあり、家電メーカーとの提携関係が緊密である。各メーカーが販売しているテレビの最新機種には、最初からネットフリックスの専用ボタンが付けられているが、この効果は大きいだろう。
 テレビ局の中には、日本テレビのように、米国の動画配信サービス「Hulu」の日本市場向け事業を買収し、動画配信サービスを自社に取り込むところも出てきている。

 ネットフリックは米国の会社なので、当初は海外ドラマなどがコンテンツの中心になるとみられる。だが、日本市場で本格的に普及させるには、日本独自のコンテンツを作成することが不可欠である。テレビ局を脅かす存在となれるのかは、最終的には独自コンテンツの作成がカギを握ることになるだろう。

 いずれにせよ、硬直的だった日本のコンテンツ市場に多様化の動きが出てきていることは、利用者にとって歓迎すべきことである。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …