ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9月2日、日本でのサービスを開始する。日本ではネットの動画配信はあまり普及していないが、米国ではテレビを超える存在となりつつある。動画配信の大本命が上陸したことで、地上波テレビ局が独占してきたコンテンツ市場に風穴が開くことが期待されている。

netflix
 ネットフリックスは、約50カ国で6000万人近くが利用するネット動画配信サービスの最大手。米国では規制緩和が進んでおり、キー局が全体をコントロールする従来型の地上波テレビ局というものはもはや存在していない。
 最近ではインターネット動画配信サービスが急拡大しているが、ネットフリックスはその代表的な企業である。月9ドル程度の利用料でドラマなどのコンテンツが見放題となる。

 ネットフリックスの日本における利用料金は、もっとも安いコースで月額650円となっており、米国の最低料金を3割も下回る。日本では地上波テレビ局が、無料で大量のコンテンツを提供しており、こうした環境でシェアを拡大するため戦略的な価格設定を行った。
 またサービスの販売面ではソフトバンクグループと提携する。ネット上で顧客が直接申し込む形式に加え、ソフトバンクの携帯電話販売網でもサービスを展開する。ソフトバンク経由で申し込めば、利用料金を毎月の携帯料金とまとめて支払うことができる。

 日本では、地上波テレビ局が圧倒な量のコンテンツを保有しており、ネットの動画配信はあまり普及していなかった。ただ若年層を中心にテレビを見ない層が徐々に増えてきており、ネット動画配信が普及する環境は整いつつある。

 またネットフリックスは世界最大手ということもあり、家電メーカーとの提携関係が緊密である。各メーカーが販売しているテレビの最新機種には、最初からネットフリックスの専用ボタンが付けられているが、この効果は大きいだろう。
 テレビ局の中には、日本テレビのように、米国の動画配信サービス「Hulu」の日本市場向け事業を買収し、動画配信サービスを自社に取り込むところも出てきている。

 ネットフリックは米国の会社なので、当初は海外ドラマなどがコンテンツの中心になるとみられる。だが、日本市場で本格的に普及させるには、日本独自のコンテンツを作成することが不可欠である。テレビ局を脅かす存在となれるのかは、最終的には独自コンテンツの作成がカギを握ることになるだろう。

 いずれにせよ、硬直的だった日本のコンテンツ市場に多様化の動きが出てきていることは、利用者にとって歓迎すべきことである。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

rikenchousakekekka
STAP細胞疑惑の最終報告。やはり科学的真実は分からずじまい

 理化学研究所は2014年4月1日、新しい万能細胞である「STAP細胞」の論文問 …

shirakawae
白川総裁も脱力?大企業の社長さん!成長戦略の意味を根本的に誤解してませんか?

 総選挙の結果をうけて日本経済新聞が実施した大手企業経営者に対するアンケート調査 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …