ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうとう日米安保に言及した。ただトランプ氏の発言の背景には、共和党支持者のホンネと米国が置かれた環境の変化があり、決して無視することはできない。

trumpanpo

 トランプ氏は、不動産で財を成した大富豪であり、米国ではかなりの著名人である。豪快な性格で知られ、マイノリティに対する差別発言もしばしばだ。過去には「オバマ大統領はアフリカ生まれではないか」と発言し物議を醸したこともある。

 当初、泡沫候補という扱いだったが、実際に選挙戦が始まると、共和党の候補者の中では堂々のトップとなり、誰もトランプ氏を無視できない状況となっている。

 日米安保に関する発言が出てきたのは、2015年8月21日のアラバマ州での演説会。日本が攻撃を受けた場合は米国は日本を助けるが、逆はないという現在の日米安保条約について厳しく批判したという。

 トランプ氏は大衆先導型であり、こうした発言もその文脈で理解した方がよいと考えられる。だがトランプ氏の発言は、エスタブリッシュメントに属さない、一般的な共和党支持者のホンネを代弁しているともいえる。

 日米安保の片務性については、日米の圧倒的な地位の違いや、歴史的経緯などいくつかの要因が複雑に絡んでおり、ワシントンの政治エリートの中でのみ処理されてきた高度に政治的な問題といってよい。こうした問題が、大統領選挙というポピュラーな場で、しかもトランプ氏のような人物を通じて取り上げられたことは、注目すべき事態といってよいだろう。

 日本国内の対米認識は、現実を直視しない嫌米的なものか、楽観論に過ぎる親米的なものに二極化している。だが米国の日本に対する認識は、中国の台頭をきっかけに確実に変化している。特にオバマ政権は、史上最大規模の軍縮を実施していることもあり、日本に大量の米軍を駐留させておくことについて懐疑的だ。

 地政学的な環境の変化もこれを後押ししている。米国はサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国となっており、トータルではエネルギーの自給が可能となった。
 もはや中東の石油に依存する必要はなく、全世界の制海権を維持する必要性も薄れている。中国が敵対的でなければ、アジア太平洋地域の制海権が中国にシフトしても、米国はあまり困らない。
 しかも、米国は世界経済の中心であり、人口は増え続け、グーグルやアップルなど画期的なイノベーション企業が続々登場している。米国は、長期にわたって持続的な成長が期待できる環境にある。

 トランプ氏の発言については、米国が他国のことをまったく考慮しなくてもよい国になりつつあるという現実を踏まえた上で理解すべきであろう。米国は今後、自らの利益をより強く主張してくる可能性がある。
 米国が本当に日本と距離を置くような事態となれば、東シナ海の秩序が激変することは間違いなく、中国の台頭を他人事のように傍観することはできなくなる。また一部の政治家による国際的なコンセンサスとは異なった歴史認識の表明に対して、米国が寛容に見守るといったこともなくなるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

obamaindo
オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行っ …

b3837
中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …