ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月27日、4~6月期の運用実績を発表した。収益額は株高や円安を背景に2兆6489億円、収益率はプラス1.92%、運用資産額は141兆円1209億円となった。ただ、国内株式の割合は目標値に迫っており、買い入れ余力が減少しつつある。

gpifpotofori201506

 安倍政権は、今後のインフレ進行を見越して、公的年金の運用方針見直しを進めてきた。2014年10月にまとまった新しい運用方針では、国債の比率が60%から35%に引き下げられ、国内株の比率は12%から25%に引き上げられた。外国株を合わせると株式の比率は50%に達する。

 運用方針見直しはインフレ対策という面もあるが、年々苦しくなる年金財政への対応という意味もある。年金は徴収より給付の方が多く、運用に回すための積立金は毎年3兆円から4兆円ずつ減少している。国債中心のリスクの低い運用では、運用資金が枯渇してしまう可能性があり、ハイリスク・ハイリターンな商品である株式へのシフトが進められた。

 運用方針見直しと前後してGPIFは国債の売却と株式の買い入れを進めており、株式市場には推定で数兆円の資金が流れ込んだ。このところの株価上昇はGPIFの買いによるところが大きい。

 昨年度、GPIFは15兆3000億円の運用益を上げており、当初の目論見通りに進んでいる。ただ今年の7~9月期については、中国ショックによる株価下落で評価損が発生する可能性がある。しかも、株式の組み入れ比率は目標の25%に近づいており、これ以上の株式買い入れは難しい(ルール上は、さらに買い入れることも可能だが)。

 株価の低迷が長引けば、GPIFの運用成績にも大きく響いてくる。アベノミクスによる株高は、年金財政とセットになっていることを考えると、今後はアベノミクスの評価項目に年金財政が加わってくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

obama1112
アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

senkaku
民主、自民、維新3党の領土問題へのスタンスを比較してみると?

 維新の会への太陽党の合流が決まり、いわゆる第三極勢力はある程度まとまった勢力と …