ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・保険除く)の経常利益は前年同期比23.8%増の20兆2881億円となり、過去最高となった。原油安で企業のコストが低下している可能性が高い。

setsubitousi

 法人企業統計は四半期ごとに企業の売上高や利益、設備投資などを調査しているもので、設備投資の結果はGDP(国内総生産)の改定値に反映される。
 企業の利益は大幅増となったが、売上高はそれほど伸びていない。4~6月期の売上高は前年同期比でわずか1.1%増である。1~3月期の売上高に至っては前年同期比でマイナスであった。

 昨年末に進んだ円安が一段落したことから、企業の売上高は伸び悩みつつある。それにもかかわらず業績が大幅増となったのは、おそらく原油安の影響である。エネルギーを直接消費する企業はもちろん、一部の原材料費は価格が低下しており、企業のコスト構造が改善した可能性が高い。

 原油安は日本経済にとって基本的にプラスだが、7~9月期以降も好業績が続くのかは分からない。中国株ショックによって円高が進んでおり、企業業績が悪化し、原油安の効果を相殺する可能性があるからだ。

 4~6月期の設備投資は9兆385億円で、前年同期比5.6%増となった。だが前期の7.3%に比べると増加幅が縮小している。GDP改定値に反映されるソフトウェアを除く季節調整済みの数字では2.7%減と4四半期ぶりのマイナスとなっており、設備投資が回復していないことを印象付けた。

 また在庫も若干の増加となっている。仕掛品は減少したが、原材料が増えた。GDPの改定値ではプラスに作用するかもしれないが、在庫の増加は企業が販売を抑制した結果である可能性が高く、ポジティブな情報とはいえない。

 円安が一段落する中、原油安によって業績拡大を維持している構図だが、現在の円高が続いた場合、企業の業績見通しは下方修正される可能性がある。原油価格が再度上昇するようなことになれば、年度後半における日本企業の業績は、以前に予想されたほどではないかもしれない。

 設備投資の回復が内需を拡大させるというアベノミクスの当初のシナリオは描けておらず、依然として為替とエネルギー価格に大きく依存する状況が続く。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …