ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・保険除く)の経常利益は前年同期比23.8%増の20兆2881億円となり、過去最高となった。原油安で企業のコストが低下している可能性が高い。

setsubitousi

 法人企業統計は四半期ごとに企業の売上高や利益、設備投資などを調査しているもので、設備投資の結果はGDP(国内総生産)の改定値に反映される。
 企業の利益は大幅増となったが、売上高はそれほど伸びていない。4~6月期の売上高は前年同期比でわずか1.1%増である。1~3月期の売上高に至っては前年同期比でマイナスであった。

 昨年末に進んだ円安が一段落したことから、企業の売上高は伸び悩みつつある。それにもかかわらず業績が大幅増となったのは、おそらく原油安の影響である。エネルギーを直接消費する企業はもちろん、一部の原材料費は価格が低下しており、企業のコスト構造が改善した可能性が高い。

 原油安は日本経済にとって基本的にプラスだが、7~9月期以降も好業績が続くのかは分からない。中国株ショックによって円高が進んでおり、企業業績が悪化し、原油安の効果を相殺する可能性があるからだ。

 4~6月期の設備投資は9兆385億円で、前年同期比5.6%増となった。だが前期の7.3%に比べると増加幅が縮小している。GDP改定値に反映されるソフトウェアを除く季節調整済みの数字では2.7%減と4四半期ぶりのマイナスとなっており、設備投資が回復していないことを印象付けた。

 また在庫も若干の増加となっている。仕掛品は減少したが、原材料が増えた。GDPの改定値ではプラスに作用するかもしれないが、在庫の増加は企業が販売を抑制した結果である可能性が高く、ポジティブな情報とはいえない。

 円安が一段落する中、原油安によって業績拡大を維持している構図だが、現在の円高が続いた場合、企業の業績見通しは下方修正される可能性がある。原油価格が再度上昇するようなことになれば、年度後半における日本企業の業績は、以前に予想されたほどではないかもしれない。

 設備投資の回復が内需を拡大させるというアベノミクスの当初のシナリオは描けておらず、依然として為替とエネルギー価格に大きく依存する状況が続く。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

factoryline
米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動 …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

japandisprei
事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12 …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …