ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動向を発表した。既存店売上高は、前年同月比2.5%増と3カ月ぶりにプラスとなった。
 同社は、昨年から経済環境の変化に伴い値上げを行っているが、これが成長のブレーキになるのではとの懸念が出ていた。とりあえず3カ月連続のマイナスは回避したが、秋冬物は商戦が始まったばかりであり、状況は不透明だ。

yunikuroginza

 同社は、昨年の秋冬物から順次、商品の値上げを行っている。円安と原材料費の高騰で、既存の価格体系ではコストの吸収が難しくなったからだ。昨年は客単価の上昇が効果を発揮して、前年同月比で売上高がプラスになる月が続いた。2015年2月の中間決算の時点では、通期(2015年8月期)の売上高見通しを上方修正している。

 ところが今年の春以降、その傾向に変化が見られるようになってきた。既存店売上高が前年同月比でマイナスになる月が目立つようになり、客数の落ち込みも顕著となった。
 単価の上昇で客数が減少するのはある程度、やむを得ないが、同社の成長スピードを維持するためには、単価は上がっても、あまり客数が落ちない状況を維持する必要がある。8月は売上高こそ2.5%のプラスとなったが、客数は5%減少している。

 同社に限らず、製品の原材料を輸入に頼る企業にとっては、円安が悩みの種となっており、4月以降、値上げに踏み切るメーカーが続出している。一方、労働者の実質賃金はマイナスが続いており、家計の購買力は下がる一方だ。消費者の懐が寂しくなる中での値上げは売上減に直結する可能性がある。

 ユニクロは低価格だけを武器にしているわけではないが、コストパフォーマンスの良さは、同社のブランド力の根幹となっている。消費があまり伸びない中で、原材料費だけが高騰する状況が続くと、同社の商品戦略そのものにも影響が出てくる。

 このままコストパフォーマンス重視の商品戦略を維持するのか、さらに単価の高い高級路線に舵を切るのか、同社は難しい選択を迫られるだろう。同社の成長路線は、いよいよ正念場を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …