ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動向を発表した。既存店売上高は、前年同月比2.5%増と3カ月ぶりにプラスとなった。
 同社は、昨年から経済環境の変化に伴い値上げを行っているが、これが成長のブレーキになるのではとの懸念が出ていた。とりあえず3カ月連続のマイナスは回避したが、秋冬物は商戦が始まったばかりであり、状況は不透明だ。

yunikuroginza

 同社は、昨年の秋冬物から順次、商品の値上げを行っている。円安と原材料費の高騰で、既存の価格体系ではコストの吸収が難しくなったからだ。昨年は客単価の上昇が効果を発揮して、前年同月比で売上高がプラスになる月が続いた。2015年2月の中間決算の時点では、通期(2015年8月期)の売上高見通しを上方修正している。

 ところが今年の春以降、その傾向に変化が見られるようになってきた。既存店売上高が前年同月比でマイナスになる月が目立つようになり、客数の落ち込みも顕著となった。
 単価の上昇で客数が減少するのはある程度、やむを得ないが、同社の成長スピードを維持するためには、単価は上がっても、あまり客数が落ちない状況を維持する必要がある。8月は売上高こそ2.5%のプラスとなったが、客数は5%減少している。

 同社に限らず、製品の原材料を輸入に頼る企業にとっては、円安が悩みの種となっており、4月以降、値上げに踏み切るメーカーが続出している。一方、労働者の実質賃金はマイナスが続いており、家計の購買力は下がる一方だ。消費者の懐が寂しくなる中での値上げは売上減に直結する可能性がある。

 ユニクロは低価格だけを武器にしているわけではないが、コストパフォーマンスの良さは、同社のブランド力の根幹となっている。消費があまり伸びない中で、原材料費だけが高騰する状況が続くと、同社の商品戦略そのものにも影響が出てくる。

 このままコストパフォーマンス重視の商品戦略を維持するのか、さらに単価の高い高級路線に舵を切るのか、同社は難しい選択を迫られるだろう。同社の成長路線は、いよいよ正念場を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …