ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動向を発表した。既存店売上高は、前年同月比2.5%増と3カ月ぶりにプラスとなった。
 同社は、昨年から経済環境の変化に伴い値上げを行っているが、これが成長のブレーキになるのではとの懸念が出ていた。とりあえず3カ月連続のマイナスは回避したが、秋冬物は商戦が始まったばかりであり、状況は不透明だ。

yunikuroginza

 同社は、昨年の秋冬物から順次、商品の値上げを行っている。円安と原材料費の高騰で、既存の価格体系ではコストの吸収が難しくなったからだ。昨年は客単価の上昇が効果を発揮して、前年同月比で売上高がプラスになる月が続いた。2015年2月の中間決算の時点では、通期(2015年8月期)の売上高見通しを上方修正している。

 ところが今年の春以降、その傾向に変化が見られるようになってきた。既存店売上高が前年同月比でマイナスになる月が目立つようになり、客数の落ち込みも顕著となった。
 単価の上昇で客数が減少するのはある程度、やむを得ないが、同社の成長スピードを維持するためには、単価は上がっても、あまり客数が落ちない状況を維持する必要がある。8月は売上高こそ2.5%のプラスとなったが、客数は5%減少している。

 同社に限らず、製品の原材料を輸入に頼る企業にとっては、円安が悩みの種となっており、4月以降、値上げに踏み切るメーカーが続出している。一方、労働者の実質賃金はマイナスが続いており、家計の購買力は下がる一方だ。消費者の懐が寂しくなる中での値上げは売上減に直結する可能性がある。

 ユニクロは低価格だけを武器にしているわけではないが、コストパフォーマンスの良さは、同社のブランド力の根幹となっている。消費があまり伸びない中で、原材料費だけが高騰する状況が続くと、同社の商品戦略そのものにも影響が出てくる。

 このままコストパフォーマンス重視の商品戦略を維持するのか、さらに単価の高い高級路線に舵を切るのか、同社は難しい選択を迫られるだろう。同社の成長路線は、いよいよ正念場を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …