ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動向を発表した。既存店売上高は、前年同月比2.5%増と3カ月ぶりにプラスとなった。
 同社は、昨年から経済環境の変化に伴い値上げを行っているが、これが成長のブレーキになるのではとの懸念が出ていた。とりあえず3カ月連続のマイナスは回避したが、秋冬物は商戦が始まったばかりであり、状況は不透明だ。

yunikuroginza

 同社は、昨年の秋冬物から順次、商品の値上げを行っている。円安と原材料費の高騰で、既存の価格体系ではコストの吸収が難しくなったからだ。昨年は客単価の上昇が効果を発揮して、前年同月比で売上高がプラスになる月が続いた。2015年2月の中間決算の時点では、通期(2015年8月期)の売上高見通しを上方修正している。

 ところが今年の春以降、その傾向に変化が見られるようになってきた。既存店売上高が前年同月比でマイナスになる月が目立つようになり、客数の落ち込みも顕著となった。
 単価の上昇で客数が減少するのはある程度、やむを得ないが、同社の成長スピードを維持するためには、単価は上がっても、あまり客数が落ちない状況を維持する必要がある。8月は売上高こそ2.5%のプラスとなったが、客数は5%減少している。

 同社に限らず、製品の原材料を輸入に頼る企業にとっては、円安が悩みの種となっており、4月以降、値上げに踏み切るメーカーが続出している。一方、労働者の実質賃金はマイナスが続いており、家計の購買力は下がる一方だ。消費者の懐が寂しくなる中での値上げは売上減に直結する可能性がある。

 ユニクロは低価格だけを武器にしているわけではないが、コストパフォーマンスの良さは、同社のブランド力の根幹となっている。消費があまり伸びない中で、原材料費だけが高騰する状況が続くと、同社の商品戦略そのものにも影響が出てくる。

 このままコストパフォーマンス重視の商品戦略を維持するのか、さらに単価の高い高級路線に舵を切るのか、同社は難しい選択を迫られるだろう。同社の成長路線は、いよいよ正念場を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …