ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比17万3000人増となり、市場予想を下回った。ただ失業率は大幅に低下し、賃金の上昇は鮮明になった。9月の利上げを強力に後押しする程ではないが、良好な指標であることに変わりはなく、市場は判断に迷っている。

usakoyoutoukei201508
 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。8月についても20万人を超えるとの見方が大勢を占めており、市場予想を上回る結果が出れば9月利上げが一気に現実味を帯びると考えられてきた。
 だがフタを開けてみると、市場予想を下回り、5カ月ぶりの低水準となった。製造業などで減少が目立ち、中国の景気減速やドル高で雇用が抑制された可能性が指摘されている。

 もっとも、6月と7月の数値は上方修正されており、3カ月を平均すると22.1万人となる。また、失業率が5.1%と大きく改善しており(7月は5.3%)、いよいよ完全雇用に近づいている。平均時給も前月比で0.3%上昇した。統計全体を見れば、雇用は堅調と解釈した方が自然だろう。

 FRB(連邦準備制度理事会)は年内利上げを明言しているが、9月に利上げを実施してしまいたいというのがホンネだろう。わずかな利上げ幅であっても、仮に景気が腰折れするような事態となった場合には、金利を下げるという政策オプションを確保できるからである。また予想外にインフレが進んでしまうリスクも回避できる。政策当局者にとってオプションが多いことは何より重要なことである。

 中国株ショックで市場は大荒れとなっているが、おそらく中国問題はトリガーのひとつに過ぎない。年内利上げを見込みドル高が進展しており、これが金融引き締め効果をもたらしている。実質的に金利の引き上げは始まっていると解釈すべきであり、それゆえに株価も下落している。

 FRBとしては、名目上の金利引き上げがさらに株価下落を呼び、それが実体経済に波及するシナリオを恐れている。株価に対するインパクトが最終的な判断の分かれ目となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …