ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比17万3000人増となり、市場予想を下回った。ただ失業率は大幅に低下し、賃金の上昇は鮮明になった。9月の利上げを強力に後押しする程ではないが、良好な指標であることに変わりはなく、市場は判断に迷っている。

usakoyoutoukei201508
 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。8月についても20万人を超えるとの見方が大勢を占めており、市場予想を上回る結果が出れば9月利上げが一気に現実味を帯びると考えられてきた。
 だがフタを開けてみると、市場予想を下回り、5カ月ぶりの低水準となった。製造業などで減少が目立ち、中国の景気減速やドル高で雇用が抑制された可能性が指摘されている。

 もっとも、6月と7月の数値は上方修正されており、3カ月を平均すると22.1万人となる。また、失業率が5.1%と大きく改善しており(7月は5.3%)、いよいよ完全雇用に近づいている。平均時給も前月比で0.3%上昇した。統計全体を見れば、雇用は堅調と解釈した方が自然だろう。

 FRB(連邦準備制度理事会)は年内利上げを明言しているが、9月に利上げを実施してしまいたいというのがホンネだろう。わずかな利上げ幅であっても、仮に景気が腰折れするような事態となった場合には、金利を下げるという政策オプションを確保できるからである。また予想外にインフレが進んでしまうリスクも回避できる。政策当局者にとってオプションが多いことは何より重要なことである。

 中国株ショックで市場は大荒れとなっているが、おそらく中国問題はトリガーのひとつに過ぎない。年内利上げを見込みドル高が進展しており、これが金融引き締め効果をもたらしている。実質的に金利の引き上げは始まっていると解釈すべきであり、それゆえに株価も下落している。

 FRBとしては、名目上の金利引き上げがさらに株価下落を呼び、それが実体経済に波及するシナリオを恐れている。株価に対するインパクトが最終的な判断の分かれ目となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …