ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比17万3000人増となり、市場予想を下回った。ただ失業率は大幅に低下し、賃金の上昇は鮮明になった。9月の利上げを強力に後押しする程ではないが、良好な指標であることに変わりはなく、市場は判断に迷っている。

usakoyoutoukei201508
 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。8月についても20万人を超えるとの見方が大勢を占めており、市場予想を上回る結果が出れば9月利上げが一気に現実味を帯びると考えられてきた。
 だがフタを開けてみると、市場予想を下回り、5カ月ぶりの低水準となった。製造業などで減少が目立ち、中国の景気減速やドル高で雇用が抑制された可能性が指摘されている。

 もっとも、6月と7月の数値は上方修正されており、3カ月を平均すると22.1万人となる。また、失業率が5.1%と大きく改善しており(7月は5.3%)、いよいよ完全雇用に近づいている。平均時給も前月比で0.3%上昇した。統計全体を見れば、雇用は堅調と解釈した方が自然だろう。

 FRB(連邦準備制度理事会)は年内利上げを明言しているが、9月に利上げを実施してしまいたいというのがホンネだろう。わずかな利上げ幅であっても、仮に景気が腰折れするような事態となった場合には、金利を下げるという政策オプションを確保できるからである。また予想外にインフレが進んでしまうリスクも回避できる。政策当局者にとってオプションが多いことは何より重要なことである。

 中国株ショックで市場は大荒れとなっているが、おそらく中国問題はトリガーのひとつに過ぎない。年内利上げを見込みドル高が進展しており、これが金融引き締め効果をもたらしている。実質的に金利の引き上げは始まっていると解釈すべきであり、それゆえに株価も下落している。

 FRBとしては、名目上の金利引き上げがさらに株価下落を呼び、それが実体経済に波及するシナリオを恐れている。株価に対するインパクトが最終的な判断の分かれ目となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …