ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国がチベット自治区50年式典を開催。中国による既成事実化が進む

 

 中国は2015年9月8日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」に続いて「チベット自治区成立50年」を記念する式典をチベット自治区の中心地ラサで開催した。海外メディアの取材は厳しく制限され、中国よるチベット政策の成果が強調された。

chibeto50

 チベットは1950年の人民解放軍によるチベット侵攻以後、基本的に中国の統治下にある。これに反対するチベット人による独立運動が勃発したが、中国は武力でこれを弾圧、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世はインドに亡命し、現地でチベット亡命政府を樹立している(チベット動乱)。

 中国は、チベット独立を求める市民に対する弾圧を繰り返す一方、多額の開発資金を投入し、アメとムチの統治を行ってきた。今回の式典は、中国による統治が成功していることを内外に示す意図がある。

 式典はチベット仏教の聖地であるポタラ宮殿前の広場で行われた。中国共産党からは、党序列4位で、少数民族担当の兪正声氏が出席し「住民の生活水準は大幅に向上した」と述べ、中国によるチベット政策の成果を強調した。続いて、人民解放軍がパレードを行い、中国の統治下にあることをアピールした。

 実は今年はチベット自治区成立50年であると同時に、ダライ・ラマ14世の後継者であるパンチェン・ラマ11世が行方不明になってから20年の節目でもある。中国当局は、パンチェン・ラマは普通に暮していると説明しているが、本人が公の場に姿を現したことはない。

 ダライ・ラマ14世はノーベル平和賞を受賞しており、かつては中国の人権弾圧を象徴する人物だったが、中国の経済的な台頭で状況は変わりつつある。かつて中国の人権問題に対して厳しく批判していた欧米各国は、中国との友好関係を最優先し、チベット問題を完全に封印している。
 文化人らの対応も変わってきている。今月、中国で予定されていた米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の初公演が中止となった。ボン・ジョヴィがダライ・ラマをイメージさせる演出を計画したことがその理由といわれているが、このようにチベット問題を積極的に取り上げる文化人も最近ではかなり少なくなっている。

 ダライ・ラマ14世は、自らの生まれ変わりを後継者に認定する「転生制度」は自分の代で終わらせる意向を示しているが、これは事実上、チベットの独立を断念したものと受け止められている。中国による既成事実化が功を奏した格好だ。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …