ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国がチベット自治区50年式典を開催。中国による既成事実化が進む

 

 中国は2015年9月8日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」に続いて「チベット自治区成立50年」を記念する式典をチベット自治区の中心地ラサで開催した。海外メディアの取材は厳しく制限され、中国よるチベット政策の成果が強調された。

chibeto50

 チベットは1950年の人民解放軍によるチベット侵攻以後、基本的に中国の統治下にある。これに反対するチベット人による独立運動が勃発したが、中国は武力でこれを弾圧、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世はインドに亡命し、現地でチベット亡命政府を樹立している(チベット動乱)。

 中国は、チベット独立を求める市民に対する弾圧を繰り返す一方、多額の開発資金を投入し、アメとムチの統治を行ってきた。今回の式典は、中国による統治が成功していることを内外に示す意図がある。

 式典はチベット仏教の聖地であるポタラ宮殿前の広場で行われた。中国共産党からは、党序列4位で、少数民族担当の兪正声氏が出席し「住民の生活水準は大幅に向上した」と述べ、中国によるチベット政策の成果を強調した。続いて、人民解放軍がパレードを行い、中国の統治下にあることをアピールした。

 実は今年はチベット自治区成立50年であると同時に、ダライ・ラマ14世の後継者であるパンチェン・ラマ11世が行方不明になってから20年の節目でもある。中国当局は、パンチェン・ラマは普通に暮していると説明しているが、本人が公の場に姿を現したことはない。

 ダライ・ラマ14世はノーベル平和賞を受賞しており、かつては中国の人権弾圧を象徴する人物だったが、中国の経済的な台頭で状況は変わりつつある。かつて中国の人権問題に対して厳しく批判していた欧米各国は、中国との友好関係を最優先し、チベット問題を完全に封印している。
 文化人らの対応も変わってきている。今月、中国で予定されていた米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の初公演が中止となった。ボン・ジョヴィがダライ・ラマをイメージさせる演出を計画したことがその理由といわれているが、このようにチベット問題を積極的に取り上げる文化人も最近ではかなり少なくなっている。

 ダライ・ラマ14世は、自らの生まれ変わりを後継者に認定する「転生制度」は自分の代で終わらせる意向を示しているが、これは事実上、チベットの独立を断念したものと受け止められている。中国による既成事実化が功を奏した格好だ。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひ …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …