ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比3.6%減と予想外の大幅減になった。7.9%減だった6月から2カ月連続のマイナスであり、企業の設備投資が急激に冷え込んでいる可能性が指摘されている。7~9月期のGDP(国内総生産)にも大きく影響しそうだ。

kikaiinsatu

 機械受注は機械メーカーが受注した金額を元に算出する。民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。

 7月の受注額は、前月比3.6%減の8056億円。このうち、製造業は同5.3%減の3594億円、非製造業は同6.0%減の4494億円だった。このところ製造業からの受注が数字を引っ張っていたが、6月には大幅なマイナスとなった。7月は反動による上昇が期待されたが、結果は連続のマイナスで、非製造業も落ち込んでしまった。

 7~9月期の見通しは0.3%増とほぼ横ばいとなっている。来月以降も数字が振るわない場合には、四半期でもマイナスに転じる可能性がある。機械受注の増減とGDPにおける設備投資はおおむね一致しているので、7~9月期のGDPにも悪影響を与えることになるだろう。

 このところ日本経済はトリプルパンチの状態にある。これまで景気を引っ張ってきた公共事業は一段落した状態にあり、円安を背景に外需に頼る状況が続いていたが、中国ショックの影響でその輸出にもブレーキがかかっている。
 タイミングが悪いことに、このところ家計が財布の紐を締め始めている。円安に耐えきれず事業者の多くが4月に一斉値上げに踏み切っており、生活必需品を中心に物価が上昇しているからである。

 6月の実質賃金は前年同月比で3.0%減となり、7月(速報値)も0.3%という低い伸びにとどまっている。一方、7月における1世帯当たりの消費支出は前年同月比で0.2%減と2カ月連続でマイナスとなった。
 名目上の賃金は上昇しているが、物価の上昇で実質賃金は減少しており、これが消費を手控える動きにつながっている。4~6月期のGDPはマイナス成長だったが、全体の6割を占める個人消費が前期比0.8%減だったのが響いた。

 こうした状況を受け、与党内では、大型の補正予算を求める声が高まっている。だが、再び公共事業依存型の経済となった場合、アベノミクスはスタート地点に逆戻りしてしまうことになる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …