ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる。一旦は10%の消費税を徴収し、後で還付を受ける方式であることに加えて、マイナンバーカードとセットになっていることがその原因。実際の導入には紆余曲折がありそうだ。

kozeni

 軽減税率の導入は低所得者対策として公明党が強く主張し、与党合意として選挙公約に掲げていたものである。ただ、当初は欧州で導入されているような、買い物の際に軽減税率分が差し引かれる方式をイメージしていた人が多かったことから、財務省案には批判が集中している。

 特に問題視されているのが、一旦は消費税の全額が徴収されてしまう点と、マイナンバーカードの利用が必須であるという点。
 財務省案では、買い物の際には、マイナンバーカードを提示しすべての買い物をカードに記録する必要がある。後日、軽減税率対象分の品目については、税金が還付される仕組みである。還付される金額には上限が設定される見込みとなっており、今のところ4000円という数字が浮上している。

 後日、還付されるとはいえ、一旦は10%全額が徴収されてしまうため、消費者の心理面での負担感は大きい。また軽減税率分が全額還付されるわけではなく、上限が設定されるので、これも消費者からすると、あまりお得感がない。

 また、マイナンバーカードにすべての買い物の記録を残すことに抵抗を感じる人は一定数存在するだろう。還付に上限があることを考え合わせると、高額所得者はこの制度を利用しない可能性が高い。低所得者対策という趣旨には合っているのだが、背後に還付金を最小限にしようという意図があるのは明らかだ。

 マイナンバーカードについてもいろいろと問題がある。欧州で実施されているような、利用者に負担の少ない軽減税率制度を導入できないのは、事業者の事務負担が増えるとして反対の声が大きいからである。
 日本は欧米各国に比べてパソコンの普及率がかなり低く、零細店舗などでは、品目ごとに異なる税率を設定することが難しいという現実がある。たが、システムでの対応が難しいということになると、マイナンバーカードの読み取り機を全店に普及させることもそれなりに困難が伴うと予想される。
 またマイナンバーカードに関連したシステム整備には高額な費用がかかり、これも財政を圧迫する要因になってしまう。

 仮に財務省案が導入されるにしても、中途半端な形になってしまう可能性が高く、本来の趣旨とはかなり異なったものになる可能性が高い。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

kinrijosho
政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、20 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …