ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同社は民間航空機分野で圧倒的な地位を築くとともに、巨大な防衛部門も抱える米国の国益を象徴する企業である。習近平国家主席の米国訪問に合わせて正式発表されるという話も出ており、極めて政治色の強い決断と見られる。

boingkoujo

 今回、移管の対象となるのはボーイング737型機の最終組み立て行程の一部。同機の組み立ては作業は、すべてワシントン州にある工場で実施されている。航空・防衛専門誌が報じたところによると、中国の工場では、機体の塗装、一部内装の据え付け、飛行試験などを実施する見通しだという。

 航空機の分野も他業種と同様、コモディティ化の流れが進んでおり、完成機メーカーが関与する割合は年々低下している。
 かつてボーイングは、設計から部品の調達、最終組み立てまで、すべてを担当していた。しかし現在では、メガサプライヤーと呼ばれる大手部品メーカーが、航空機の各ユニットを半完成品の状態まで作り上げ、ボーイングは最終組み立てだけを行うというのが主流になっている。

 これはエアバスなど競合他社も同様である。水平分業が進んでいることを考えると、組み立て工程がコストの安い地域に移管されること自体は不思議なことではない。また、今回、中国に移管されるのは、最終工程のさらに一部ということになるので、同社全体からすれば大きな変化にはならないだろう。
 ただ米国の国益を象徴する航空機の製造工程が中国にシフトすることのインパクトは大きく、中国へのプレゼントという意味では、政治的な効果は絶大と考えられる。

 新興国の経済成長によって、航空機需要は今後、爆発的に伸びると予想されている。製造業は需要地の近くで製造するという「地産地消」が主流である。長期的な視点で考えれば、旺盛な航空機需要が続くアジア地域において最終組み立てを実施するという流れは加速することになるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …