ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表した。部位によって生存率に大きな違いが見られたほか、地域によっても数字にバラツキがあることが明らかとなった。

shujutushitu
 調査対象となったのは、2007年における全国177施設の17万症例。一般的に治療の目安とされる5年生存率を算出している。
 すべてのがんにおける5年生存率は64.3%だった。部位別では、乳がんがもっとも生存率が高く92.2%、大腸がんは72.1%、胃がんは71.2%。肝臓がんは35.9%、肺がんは39.4%だった。日本人がもっともかかりやすいのは、男性は胃がん、女性は乳がんだが、両者の治療成績は比較的良好である。一方、肝臓がんと肺がんの治療成績はかなり悪く、部位によって大きな差があることが明らかとなった。

 同調査では都道府県別の生存率も公表されている。もっとも高かったのは東京で74.4%、もっとも低かったのが沖縄で55.2%だった。地域によって治療成績に大きな違いがあるように見えるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 こうした統計データは、母集団の数によって大きくブレる可能性があり、症例が少ない地域の場合には、結果の不確実性が高まってくる。発見時のステージ、年齢、治療方法によっても生存率は変わる。あくまですべてを包括したデータとして理解することが重要だろう。

 さらにいえば同じ5年の生存期間でも、高い生活水準を維持できる期間が長かったケースと、ほとんどの期間において苦しい治療が続いたケースでは、患者の負担は大きく異なる。最近は単純な生存期間ではなく、QOL(クオリティオブライフ)を考慮した上での生存期間を重視する傾向も高まっている。

 がんは患者によって状況が様々であり、数字で一括りにすることは難しいが、それでもこうしたマクロ的なデータは患者が治療方針を決定する上で重要な指針となるだろう。
 治りにくいと判断される部位に発病した場合と治りやすいと判断される部位に発病した場合では、治療に対する根本的な考え方が変わるのは当然のことである。特に苦しい治療であればなおさらである。

 がんはすでに日本の国民病であり、2人に1人が罹患し、3人に1人ががんが原因で死亡している。こうしたデータは患者本位の治療を実現するためにも、より積極的に公開していくことが重要と考えられる。

 - 社会 ,

  関連記事

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

koyashirin
女性社会起業家が挑むインターナショナルスクールが開校。ふるさと納税をフル活用

 日本の高校卒業資格を得ることができ、かつ国際的な大学入学資格が得られる国際バカ …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …