ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表した。部位によって生存率に大きな違いが見られたほか、地域によっても数字にバラツキがあることが明らかとなった。

shujutushitu
 調査対象となったのは、2007年における全国177施設の17万症例。一般的に治療の目安とされる5年生存率を算出している。
 すべてのがんにおける5年生存率は64.3%だった。部位別では、乳がんがもっとも生存率が高く92.2%、大腸がんは72.1%、胃がんは71.2%。肝臓がんは35.9%、肺がんは39.4%だった。日本人がもっともかかりやすいのは、男性は胃がん、女性は乳がんだが、両者の治療成績は比較的良好である。一方、肝臓がんと肺がんの治療成績はかなり悪く、部位によって大きな差があることが明らかとなった。

 同調査では都道府県別の生存率も公表されている。もっとも高かったのは東京で74.4%、もっとも低かったのが沖縄で55.2%だった。地域によって治療成績に大きな違いがあるように見えるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 こうした統計データは、母集団の数によって大きくブレる可能性があり、症例が少ない地域の場合には、結果の不確実性が高まってくる。発見時のステージ、年齢、治療方法によっても生存率は変わる。あくまですべてを包括したデータとして理解することが重要だろう。

 さらにいえば同じ5年の生存期間でも、高い生活水準を維持できる期間が長かったケースと、ほとんどの期間において苦しい治療が続いたケースでは、患者の負担は大きく異なる。最近は単純な生存期間ではなく、QOL(クオリティオブライフ)を考慮した上での生存期間を重視する傾向も高まっている。

 がんは患者によって状況が様々であり、数字で一括りにすることは難しいが、それでもこうしたマクロ的なデータは患者が治療方針を決定する上で重要な指針となるだろう。
 治りにくいと判断される部位に発病した場合と治りやすいと判断される部位に発病した場合では、治療に対する根本的な考え方が変わるのは当然のことである。特に苦しい治療であればなおさらである。

 がんはすでに日本の国民病であり、2人に1人が罹患し、3人に1人ががんが原因で死亡している。こうしたデータは患者本位の治療を実現するためにも、より積極的に公開していくことが重要と考えられる。

 - 社会 ,

  関連記事

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …