ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表した。部位によって生存率に大きな違いが見られたほか、地域によっても数字にバラツキがあることが明らかとなった。

shujutushitu
 調査対象となったのは、2007年における全国177施設の17万症例。一般的に治療の目安とされる5年生存率を算出している。
 すべてのがんにおける5年生存率は64.3%だった。部位別では、乳がんがもっとも生存率が高く92.2%、大腸がんは72.1%、胃がんは71.2%。肝臓がんは35.9%、肺がんは39.4%だった。日本人がもっともかかりやすいのは、男性は胃がん、女性は乳がんだが、両者の治療成績は比較的良好である。一方、肝臓がんと肺がんの治療成績はかなり悪く、部位によって大きな差があることが明らかとなった。

 同調査では都道府県別の生存率も公表されている。もっとも高かったのは東京で74.4%、もっとも低かったのが沖縄で55.2%だった。地域によって治療成績に大きな違いがあるように見えるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 こうした統計データは、母集団の数によって大きくブレる可能性があり、症例が少ない地域の場合には、結果の不確実性が高まってくる。発見時のステージ、年齢、治療方法によっても生存率は変わる。あくまですべてを包括したデータとして理解することが重要だろう。

 さらにいえば同じ5年の生存期間でも、高い生活水準を維持できる期間が長かったケースと、ほとんどの期間において苦しい治療が続いたケースでは、患者の負担は大きく異なる。最近は単純な生存期間ではなく、QOL(クオリティオブライフ)を考慮した上での生存期間を重視する傾向も高まっている。

 がんは患者によって状況が様々であり、数字で一括りにすることは難しいが、それでもこうしたマクロ的なデータは患者が治療方針を決定する上で重要な指針となるだろう。
 治りにくいと判断される部位に発病した場合と治りやすいと判断される部位に発病した場合では、治療に対する根本的な考え方が変わるのは当然のことである。特に苦しい治療であればなおさらである。

 がんはすでに日本の国民病であり、2人に1人が罹患し、3人に1人ががんが原因で死亡している。こうしたデータは患者本位の治療を実現するためにも、より積極的に公開していくことが重要と考えられる。

 - 社会 ,

  関連記事

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

stapsaibou
理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手 …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …