ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開市場委員会)において、利上げを見送ることを決定した。中国の景気失速など、世界経済の状況が米国経済にも波及するリスクを考慮した。利上げに時期に関する明確な言及はなく、市場の不透明感は続きそうだ。

frb

 イエレン議長はこれまで何度も年内に利上げを実施する方針であることを明らかにしている。今年前半までは9月に利上げという見通しが圧倒的だったが、中国株ショックなどで世界の金融市場が大荒れとなったことから、利上げが後ろにズレ込むとの見方も出ていた。

 声明文には「世界経済の状況が(米国の)経済活動を制限し、インフレの下押し圧力となっている」との一文が盛り込まれ、中国の景気失速と市場の混乱が米国経済にも影響を与える可能性を示唆した。

 今年は10月と12月にFOMCが開催されるが、10月のFOMCは記者会見が予定されていない。年内利上げの方針を変更するという発言はなかったことから、市場では12月に利上げを実施するとの予想が大半を占めている。ただ、イエレン議長は10月に利上げを実施した場合には記者会見を実施するとも述べており、10月利上げに対しても含みを残した格好だ。10月利上げの可能性がゼロになったわけではない。

 FMOCメンバーのうち、13人は年内利上げを予想しており、3名は2016年、1名は2017年を予想している。前回は2017年を予想したメンバーはいなかったので、FOMCの見通しは若干、弱気になったといえる。
 ただ少々、驚きだったのは、今回初めて、マイナス金利を予想するメンバーが1名登場したことである。この件についてイエレン議長は「議論していない」と述べており、マイナス金利の導入については検討対象となっていないことを強調した。

 イエレン議長はこれまで雇用情勢をもっとも重視してきたが、失業率は5.1%とほぼ完全雇用に近い水準まで回復し、労働市場という点では当初の目標をほぼ達成した。今回のFOMCでは、結果的にインフレ率にもっとも焦点が当たる形となった。

 2015年におけるインフレ率(コア指数)見通しは6月時点の1.3%から1.4%に引き上げたものの、17年、18年の見通しは逆に下方修正された。10月までにインフレ率が急速に改善するということは考えにくく、やはり12月に利上げというのが、今のところは、もっとも自然な予測ということになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …