ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は2015年9月19日未明、参議院本会議で可決、成立した。戦後日本の安全保障政策は大きく転換することになる。

7thfleet

 安全保障関連法はひとつの法律ではなく、新法である国際平和支援法と、自衛隊法や事態対処法など複数の法改正の総称。最大の焦点となっていたのは、いうまでもなく、集団的自衛権の行使を可能とすることについての是非であった。
 例えば事態対処法では、集団的自衛権の行使が可能となる事態について「わが国と密接な関係にある他国への武力攻撃により、わが国の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」が発生した時と定義しており、米国が攻撃対象となった場合には、日本も自衛権を行使できることになる。

 集団的自衛権の行使は、20年以上も前から米国が日本に求め続けてきたものだったが、日本はこれまで頑なにこれを拒否してきた。安倍政権になってその方向性が一気に変わったわけだが、皮肉にも日本が集団的自衛権の行使に前向きになった時、米国はすでに安全保障政策を大きく転換させてしまっていた。

 米国はかつてのように、世界の警察官としてふるまうつもりはなくなっている。オバマ政権は過去最大規模の軍縮を行っており、米軍の活動範囲を大幅に縮小している。沖縄はかつては海兵隊最大の拠点の一つだったが、米軍は沖縄から次々と撤退しており、現在の拠点ははるか後方のグアムである。
 日本では辺野古の基地が最大の政治問題となっているが、当の米国は、実は日本近海から急速に手を引きつつある。

 つまり、今回の安全保障関連法は、米国が日本の後ろ盾ではなくなりつつある状況下における日米安保の再定義という位置付けになる。これまで米国は無条件で日本の同盟国だったが、今後は、国益次第で日本との関係は変わる可能性が出てきたのである。だが国会における与野党の論戦は、冷戦時代の価値観を引きずる非常にアナクロニズムなものであった。

 与党側は、安全保障関連法を成立させれば、無条件で日米安保と日本の安全が確保されると錯覚している。一方、法案の反対派は、これによって日本が「米国の戦争に巻き込まれる」といった論説を繰り返していた。法案に対するスタンスは正反対だが、米国が無条件で日本と一体になっているとの認識は共通である。だが、こうした基本的認識は、アジア太平洋地域の現状を正しく反映しているとは言い難い。

 今月、中国の習近平国家主席は2度目の米国訪問を実施する。米国と中国は数年にわたる長期交渉を続けているが、安全保障面における最大のテーマは、米国と中国の勢力範囲をどこに設定するのかという問題である。
 中国は、沖縄から台湾までのラインを自国の防衛圏内に入れようとしている。一方、米国は日本と一定の距離を置き、沖縄を最前線として限定的な勢力下に置こうとしている。米国にとって重要なのは日米関係ではなく、米中関係であり、日本の安全保障は、米中交渉の行方にすべて依存しているというのが現実なのだ。

 戦後日本の平和が、憲法ではなく、米国の「核の傘」によって実現されてきたというのはまぎれもない事実だが、一方、米国による核の傘は、すでに半分は失われた状態にあるのもまた事実である。そして与野党とも、雨は降らないと思っているという点では完全に一致している。

 - 政治 , ,

  関連記事

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …