ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルともいわれたドイツで、来年から家庭の電気料金が大幅に値上げとなる。

 ドイツの平均的な電気料金は1キロワットあたり約21円程度といわれている。値上げ幅は約10%なので1キロワットあたり23円程度になる計算である。今回の値上げの直接的な原因は再生可能エネルギーの普及促進に向けて導入された賦課金が47%増となること。
 ただ、もともとドイツの電気料金は世界的にみてもかなり高く(日本はもっと高い)、今回、さらに値上げが実施されることから、来年度の連邦議会選挙の争点にもなりつつある状況だ。

 日本では脱原発論のモデルとしてドイツの事例がよく引き合いに出されている。たしかにドイツは再生可能エネルギーへの転換を積極的に進めており、再生可能エネルギー買い取りのためのコストを利用者に転嫁している。
 だが日本並みに電力が高いことだけを理由に、ドイツと比較した議論を行うのは少々危険である。

 ドイツはエコロジー活動が盛んな国ではるが、現時点においても原子力発電所を稼動させている。また再生エネルギーへの転換を急ぐのも、質の悪い石炭火力発電に多くを依存している現状を変革するという意味合いが大きい。
 しかもドイツは電力を完全に自由化しており、国内には1000社近くの電力会社がある。利用者は様々な電力プランから自由に電気を選ぶことができる。地域やプランにもよるが、平均21円程度の電気料金に対して、半額の12円程度の電気を選択することも可能なのだ。

 電力の供給についても柔軟な姿勢だ。フランスとドイツでは状況に応じて電力の売り買いが頻繁に行われており、自国の供給源だけに限定されているわけではない。東欧地域との売買電などにより、ドイツが電力マーケットのハブになれるという効果もある。

 日本人は、独占で競争のない電力会社からドイツよりもさらに高い値段で電力を買わされている(日本の電気料金は1キロワットあたり25円程度)。電力会社を選択する余地がなく、エネルギー政策の柔軟性もドイツとは比較にならない。
 電力の自由化は十分な競争インフラがあって初めて機能する。また脱原発についても、柔軟な供給体制の確立がないままの実施にはかなりの危険を伴う。
 要するに日本はすべての面でまだ未熟であり、一気に電力を自由化したり、突然脱原発を実施するようなレベルには達していないのだ。何の準備もなく、突然自由化したり、脱原発を強行して、何かトラブルが起こったら大騒ぎするというような愚を繰り返してはならない。
 エネルギー政策が次期総選挙でどの程度の争点になるのかは明らかではないが、日本人はこのことをまず理解しておく必要がある。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

morusi
エジプトでイスラム憲法が承認。一部では預金引き出しの動きも

 イスラム色が強く民主的でないとして反発の声が大きかったエジプトの新憲法が26日 …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …