ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行っている。前半は主に米国の産業界との対話を行い、後半はオバマ大統領との首脳会談や国連総会での演説など政治日程をこなす。シアトルでの会合にはマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が駆けつけるなど、中国と米国企業の蜜月ぶりが演出された。

shukinpeihoubei2015

 習氏は22日、専用機で米国シアトルに到着したが、降り立った飛行場は何とボーイング社の主力工場に隣接したペインフィールド空港。中国は今回の訪米に合わせて、ボーイングから300機の航空機を購入する契約を締結している。一方、ボーイングは737型機の最終組み立て工程の一部を中国に移管すると発表した。

 同じ日、習氏は中国商務省と米ワシントン州が共同開催したシンポジウムに参加し、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と会談している。習氏は23日にマイクロソフト本社を訪問するほか、ゲイツ氏が習氏を直接自宅に招いてもてなす予定になっているという。

 23日には同じく産業界との会合や習氏による演説が設定されており、この会合には、米国主要企業のトップが顔を揃える。
 出席者にはアップルのクックCEO、GM(ゼネラルモーターズ)のバーラCEO、著名投資家のウォーレン・バフェット氏、スターバックスのシュルツCEO、アマゾンのベゾスCEOなどの名前があがっている。このほか、デュポン、ウォルトディズニー、ペプシコ、シスコシステムズなどが参加する。

 今回の訪米は、政治的にはサイバーセキュリティ問題や南シナ海問題などが浮上していることから、前回の訪米ほどの成果は得られないというのがもっぱらの見方である。だが産業界との関係性という点では状況が異なっているようだ。

 中国経済の失速によって世界経済の不安定要素が増しており、中国から撤退する企業も増えている。だが米国企業は、むしろ中国との関係強化に意欲的だ。米国にとっては中国景気の失速が、有利な条件を引き出せるチャンスと映っているようである。一方、中国にとっては米国企業との蜜月ぶりを演出することで、今後の米中交渉を有利に進めたいとの意向があると考えられる。

 西海岸での日程を終えた後は、習氏は専用機で東海岸に向かい、25日にはオバマ大統領との首脳会談に臨む。28日に国連総会で演説を行ったのち、29日に帰国する予定。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

kitachosenmisairu
フェイント?北朝鮮が撤去と見せかけて突然ミサイルを発射。北朝鮮らしいとの声も

 北朝鮮が12日、突然、長距離ミサイルを発射した。朝鮮中央通信は午前11時23分 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

sharp
シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者 …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …