ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行っている。前半は主に米国の産業界との対話を行い、後半はオバマ大統領との首脳会談や国連総会での演説など政治日程をこなす。シアトルでの会合にはマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が駆けつけるなど、中国と米国企業の蜜月ぶりが演出された。

shukinpeihoubei2015

 習氏は22日、専用機で米国シアトルに到着したが、降り立った飛行場は何とボーイング社の主力工場に隣接したペインフィールド空港。中国は今回の訪米に合わせて、ボーイングから300機の航空機を購入する契約を締結している。一方、ボーイングは737型機の最終組み立て工程の一部を中国に移管すると発表した。

 同じ日、習氏は中国商務省と米ワシントン州が共同開催したシンポジウムに参加し、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と会談している。習氏は23日にマイクロソフト本社を訪問するほか、ゲイツ氏が習氏を直接自宅に招いてもてなす予定になっているという。

 23日には同じく産業界との会合や習氏による演説が設定されており、この会合には、米国主要企業のトップが顔を揃える。
 出席者にはアップルのクックCEO、GM(ゼネラルモーターズ)のバーラCEO、著名投資家のウォーレン・バフェット氏、スターバックスのシュルツCEO、アマゾンのベゾスCEOなどの名前があがっている。このほか、デュポン、ウォルトディズニー、ペプシコ、シスコシステムズなどが参加する。

 今回の訪米は、政治的にはサイバーセキュリティ問題や南シナ海問題などが浮上していることから、前回の訪米ほどの成果は得られないというのがもっぱらの見方である。だが産業界との関係性という点では状況が異なっているようだ。

 中国経済の失速によって世界経済の不安定要素が増しており、中国から撤退する企業も増えている。だが米国企業は、むしろ中国との関係強化に意欲的だ。米国にとっては中国景気の失速が、有利な条件を引き出せるチャンスと映っているようである。一方、中国にとっては米国企業との蜜月ぶりを演出することで、今後の米中交渉を有利に進めたいとの意向があると考えられる。

 西海岸での日程を終えた後は、習氏は専用機で東海岸に向かい、25日にはオバマ大統領との首脳会談に臨む。28日に国連総会で演説を行ったのち、29日に帰国する予定。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

no image
CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対す …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …