ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行っている。前半は主に米国の産業界との対話を行い、後半はオバマ大統領との首脳会談や国連総会での演説など政治日程をこなす。シアトルでの会合にはマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が駆けつけるなど、中国と米国企業の蜜月ぶりが演出された。

shukinpeihoubei2015

 習氏は22日、専用機で米国シアトルに到着したが、降り立った飛行場は何とボーイング社の主力工場に隣接したペインフィールド空港。中国は今回の訪米に合わせて、ボーイングから300機の航空機を購入する契約を締結している。一方、ボーイングは737型機の最終組み立て工程の一部を中国に移管すると発表した。

 同じ日、習氏は中国商務省と米ワシントン州が共同開催したシンポジウムに参加し、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と会談している。習氏は23日にマイクロソフト本社を訪問するほか、ゲイツ氏が習氏を直接自宅に招いてもてなす予定になっているという。

 23日には同じく産業界との会合や習氏による演説が設定されており、この会合には、米国主要企業のトップが顔を揃える。
 出席者にはアップルのクックCEO、GM(ゼネラルモーターズ)のバーラCEO、著名投資家のウォーレン・バフェット氏、スターバックスのシュルツCEO、アマゾンのベゾスCEOなどの名前があがっている。このほか、デュポン、ウォルトディズニー、ペプシコ、シスコシステムズなどが参加する。

 今回の訪米は、政治的にはサイバーセキュリティ問題や南シナ海問題などが浮上していることから、前回の訪米ほどの成果は得られないというのがもっぱらの見方である。だが産業界との関係性という点では状況が異なっているようだ。

 中国経済の失速によって世界経済の不安定要素が増しており、中国から撤退する企業も増えている。だが米国企業は、むしろ中国との関係強化に意欲的だ。米国にとっては中国景気の失速が、有利な条件を引き出せるチャンスと映っているようである。一方、中国にとっては米国企業との蜜月ぶりを演出することで、今後の米中交渉を有利に進めたいとの意向があると考えられる。

 西海岸での日程を終えた後は、習氏は専用機で東海岸に向かい、25日にはオバマ大統領との首脳会談に臨む。28日に国連総会で演説を行ったのち、29日に帰国する予定。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …