ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でマイナス0.1%となり、とうとう物価下落に転じた。
 一方、「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はプラス0.8%と上昇ペースを速めている。コア指数がマイナスに転じたことで、量的緩和策は振り出しに戻ってしまったが、足元では物価上昇が本格化する兆しも見え始めている。

 bukkajoushou コア指数は、6月がプラス0.1%だったが、7月に0.0%となり、8月にとうとうマイナスに転じてしまった。コア指数の下落が著しいのは、電気料金やガス代などエネルギー関連の価格が下がっていることが主な要因。原油価格の大幅な下落が影響している。
 一方、エネルギーの影響を除いたコアコア指数は、6月が0.6%、7月0.6%、8月が0.8%と上昇傾向が著しい。円安による輸入物価の上昇に耐えられなくなり、事業者が積極的に価格転嫁を行っている状況が推察される。

 東京大学が中心となって作成した東大物価指数も4月以降、顕著な上昇を示しており、コアコア指数と同じ傾向を示している。同指数は、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用いているため、ほぼリアルタイムで物価の動向を把握できる。食料品を中心に値上げが相次ぎ、全体的な物価を押し上げている。

 これまで安倍政権では、順調に物価が上昇していると説明してきたが、その多くが円安によるエネルギー価格の上昇によるものであった。実体経済はデフレであり、エネルギーだけが値上がりするいびつな構造だったのである。
 だがここにきて、エネルギー価格が大幅に下落したことで、これまでの物価上昇分が剥落する結果となっている。一方、円安が相当程度まで進んできたことで、ようやく本格的な物価上昇が始まる兆候が見えてきたと考えることも可能だ。

 コア指数とコアコア指数との乖離はこうした状況が引き起こしているわけだが、もし日銀が追加の量的緩和策に踏み切れば、円安がさらに進行し、物価上昇に弾みがつく可能性が出てきた。ただ、中国経済の失速もあり、全世界的に景気の足取りが重くなっている。輸出の伸びが期待できない中で追加緩和に踏み切っても、物価だけが上がる結果となり、実質成長率の上昇にはあまり寄与しないかもしれない。

 これまで安倍政権が切望してきたデフレ脱却は、円安によって実現の可能性が見えてきた。一方で、仮にデフレ脱却が見えてきたとしても、それによって実体経済が成長するシナリオはますます描きにくくなっている。日本経済は、何とも皮肉な状況に陥りつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

gold04
スイスが中央銀行保有資産の2割を金にするという国民投票を実施。現実性は?

 中央銀行が持つ資産の少なくとも20%を金で保有することを問う、スイスの国民投票 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …