ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社寡占となっており、サービス選択の余地が低いのは事実だが、絶対値として料金が高額なわけではない。仮に政府からの要請という形で料金引き下げを実現しても、マクロ的に大きな効果は得られない可能性が高い。

abekeitaiminaosi
 首相が携帯電話料金について言及したのは、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議の場。会議では、民間議員から通信料金の家計に占める割合が上昇しているという発言があり、首相はこれを念頭に「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題である。その方策等についてしっかり検討を進めてもらいたい」と発言した。
 突然の首相発言に株式市場は動揺し、携帯3社の株価は揃って下落。1日で約2兆円の時価総額が吹き飛んだ。

 民間議員が指摘するように、家計における通信の割合は上昇している。7月の家計調査における消費支出(二人以上の世帯)は28万471円だったが、このうち通信費は1万2448円と全体の4.4%を占めている。15年前の2000年7月の調査では、消費支出が32万6480円、通信費は9410円と通信費の占める割合は2.9%であった。

 ただ注目する必要があるのは、通信費が上昇する一方、消費支出の絶対値も大幅に減少しているという点である。日本の家計はここ15年でかなり貧しくなった。携帯のネット接続によって通信費が増大したのは事実だが、通信費の割合が大幅に上がったのは、家計が貧しくなったからである。

 ネット接続で通信費の絶対値が上昇しているのは、各国共通であり、日本の通信料金が突出して高いわけではない。総務省の内外価格差調査によると、同一条件下での通信料金は、ニューヨークが10601円、東京が7022円、パリが4911円、ロンドンが7282円となっており、日本が特別に高いという結果にはなっていない。

 日本経済は過去20年間横ばいが続いているが、諸外国は同じ期間でGDP(国内総生産)を1.5倍から2倍に拡大させている。GDPの拡大と比例して通信料金が上がっているので、諸外国における携帯電話料金の負担感は以前と大きく変わっていない。一方、日本は相対的に経済力が下がっていることから、携帯電話料金の負担感は大きくなっている。
 このような環境で、無理に事業者に料金の引き下げを求めても、マクロ的には大きな効果は得られないだろう。財界に賃上げを要請した時と同じような結果に終わる可能性が高いと考えられる。

 もっとも、日本の携帯電話のサービスが利用者本位になっていないのは事実である。最近はようやくMVNO(仮想移動体通信事業者)も増えてきており、格安SIMも登場してきた。しかし諸外国と比較して、通信事業者と端末を自由に選べる環境にはなっていない。
 競争環境を徹底させるという選択肢はあるが、現在の安倍政権は市場原理主義に対してかなり否定的であり、国民もそれを支持している。実現は難しいかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …