ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社寡占となっており、サービス選択の余地が低いのは事実だが、絶対値として料金が高額なわけではない。仮に政府からの要請という形で料金引き下げを実現しても、マクロ的に大きな効果は得られない可能性が高い。

abekeitaiminaosi
 首相が携帯電話料金について言及したのは、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議の場。会議では、民間議員から通信料金の家計に占める割合が上昇しているという発言があり、首相はこれを念頭に「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題である。その方策等についてしっかり検討を進めてもらいたい」と発言した。
 突然の首相発言に株式市場は動揺し、携帯3社の株価は揃って下落。1日で約2兆円の時価総額が吹き飛んだ。

 民間議員が指摘するように、家計における通信の割合は上昇している。7月の家計調査における消費支出(二人以上の世帯)は28万471円だったが、このうち通信費は1万2448円と全体の4.4%を占めている。15年前の2000年7月の調査では、消費支出が32万6480円、通信費は9410円と通信費の占める割合は2.9%であった。

 ただ注目する必要があるのは、通信費が上昇する一方、消費支出の絶対値も大幅に減少しているという点である。日本の家計はここ15年でかなり貧しくなった。携帯のネット接続によって通信費が増大したのは事実だが、通信費の割合が大幅に上がったのは、家計が貧しくなったからである。

 ネット接続で通信費の絶対値が上昇しているのは、各国共通であり、日本の通信料金が突出して高いわけではない。総務省の内外価格差調査によると、同一条件下での通信料金は、ニューヨークが10601円、東京が7022円、パリが4911円、ロンドンが7282円となっており、日本が特別に高いという結果にはなっていない。

 日本経済は過去20年間横ばいが続いているが、諸外国は同じ期間でGDP(国内総生産)を1.5倍から2倍に拡大させている。GDPの拡大と比例して通信料金が上がっているので、諸外国における携帯電話料金の負担感は以前と大きく変わっていない。一方、日本は相対的に経済力が下がっていることから、携帯電話料金の負担感は大きくなっている。
 このような環境で、無理に事業者に料金の引き下げを求めても、マクロ的には大きな効果は得られないだろう。財界に賃上げを要請した時と同じような結果に終わる可能性が高いと考えられる。

 もっとも、日本の携帯電話のサービスが利用者本位になっていないのは事実である。最近はようやくMVNO(仮想移動体通信事業者)も増えてきており、格安SIMも登場してきた。しかし諸外国と比較して、通信事業者と端末を自由に選べる環境にはなっていない。
 競争環境を徹底させるという選択肢はあるが、現在の安倍政権は市場原理主義に対してかなり否定的であり、国民もそれを支持している。実現は難しいかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …