ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社寡占となっており、サービス選択の余地が低いのは事実だが、絶対値として料金が高額なわけではない。仮に政府からの要請という形で料金引き下げを実現しても、マクロ的に大きな効果は得られない可能性が高い。

abekeitaiminaosi
 首相が携帯電話料金について言及したのは、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議の場。会議では、民間議員から通信料金の家計に占める割合が上昇しているという発言があり、首相はこれを念頭に「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題である。その方策等についてしっかり検討を進めてもらいたい」と発言した。
 突然の首相発言に株式市場は動揺し、携帯3社の株価は揃って下落。1日で約2兆円の時価総額が吹き飛んだ。

 民間議員が指摘するように、家計における通信の割合は上昇している。7月の家計調査における消費支出(二人以上の世帯)は28万471円だったが、このうち通信費は1万2448円と全体の4.4%を占めている。15年前の2000年7月の調査では、消費支出が32万6480円、通信費は9410円と通信費の占める割合は2.9%であった。

 ただ注目する必要があるのは、通信費が上昇する一方、消費支出の絶対値も大幅に減少しているという点である。日本の家計はここ15年でかなり貧しくなった。携帯のネット接続によって通信費が増大したのは事実だが、通信費の割合が大幅に上がったのは、家計が貧しくなったからである。

 ネット接続で通信費の絶対値が上昇しているのは、各国共通であり、日本の通信料金が突出して高いわけではない。総務省の内外価格差調査によると、同一条件下での通信料金は、ニューヨークが10601円、東京が7022円、パリが4911円、ロンドンが7282円となっており、日本が特別に高いという結果にはなっていない。

 日本経済は過去20年間横ばいが続いているが、諸外国は同じ期間でGDP(国内総生産)を1.5倍から2倍に拡大させている。GDPの拡大と比例して通信料金が上がっているので、諸外国における携帯電話料金の負担感は以前と大きく変わっていない。一方、日本は相対的に経済力が下がっていることから、携帯電話料金の負担感は大きくなっている。
 このような環境で、無理に事業者に料金の引き下げを求めても、マクロ的には大きな効果は得られないだろう。財界に賃上げを要請した時と同じような結果に終わる可能性が高いと考えられる。

 もっとも、日本の携帯電話のサービスが利用者本位になっていないのは事実である。最近はようやくMVNO(仮想移動体通信事業者)も増えてきており、格安SIMも登場してきた。しかし諸外国と比較して、通信事業者と端末を自由に選べる環境にはなっていない。
 競争環境を徹底させるという選択肢はあるが、現在の安倍政権は市場原理主義に対してかなり否定的であり、国民もそれを支持している。実現は難しいかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …