ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のスタンスの違いを際立たせる結果となっている。ウクライナ問題とシリア問題の深刻さがあらためて浮き彫りになった格好だ。

obamaputin2015

  米国のオバマ大統領とロシアのプーチン大統領は2015年9月28日、首脳会談を行った。シリア情勢をめぐって対話を進めることについては一致したが、米ロの溝が埋まらないことを逆に露呈する結果となった。
 プーチン政権はシリアのアサド政権を支持しているが、オバマ政権は退陣を主張している。米国はようやくイラン問題が解決しかかっている時だけに、ロシアのシリア支援を不快に思っている。会談では米国側の冷淡なスタンスが目立った。

 各国首脳が集まる昼食会では、オバマ大統領と乾杯しようと、プーチン氏が何度も視線を送るものの、オバマ大統領がこれを無視する様子が海外メディアで何度も報道された。実際にはテーブルの位置関係でオバマ大統領からよく見えなかった可能性が高いが、熱心なロシアと冷淡な米国という図式を象徴する形になってしまった。

 米ロの対立で困った立場に追い込まれているのが安倍政権である。安倍政権は北方領土問題の解決を政権維持の切り札にすべく、これまで何度もロシア側にラブコールを送り続けてきた。しかしウクライナ問題では、米国に歩調を合わせロシア非難を行ったことからロシア側は態度を硬化。交渉は振り出しに戻ってしまった。

 今回、日露首脳会談も行われたが、プーチン氏は冒頭から経済協力の重要性について持論を展開し、具体的な話への言及はなかった。会談に際し、安倍首相は満面の笑顔でプーチン氏に駆け寄り、交渉進展に期待していることをアピールする様子が放映されたが、これは逆効果だったかもしれない。

 安倍氏はプーチン氏にラブコールを送り、プーチン氏はオバマ氏にラブコールを送っているものの、プーチン氏は安倍氏を無視し、オバマ氏はプーチン氏を無視するという構図になっている。
 背景にあるのは、やはりウクライナ問題とシリア問題であり、今のところオバマ政権が妥協する可能性は低い。最終的にはロシアが譲歩しない限りは、多くの交渉が頓挫する可能性がますます高まっている。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …