ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワシントン」に代わり、同型の原子力空母「ロナルド・レーガン」が1日、配備された。安保法制が成立した直後というタイミングでの入港となった。

ronaldreganyokosuka

 米国は現在、過去最大規模の軍縮を行っており、空母の配備計画も大幅に見直されている。ジョージ・ワシントンは建造から25年が経過しており、大規模修繕に入るため米国に帰還するが、このところ、日米同盟の役割が低下してきたこともあり、ジョージ・ワシントンが横須賀を離れた後、後継空母が配備されない可能性も指摘されていた。
 最終的に、同艦と入れ替わりにロナルド・レーガンの配備が決定し、日本近海における第七艦隊の能力は何とか維持されることになった。

 両艦の交代は、乗員と艦載機はそのままで、艦体だけを交換する方式が採用された。約5000人の乗務員と艦載機は今年5月横須賀を離れ、米西海岸のサンディエゴ基地でロナルドレーガンと合流。乗務員と艦載機を交換した後、8月に日本に向けて出発していた。

 横須賀への入港は、海上自衛隊の護衛艦「いずも」がロナルド・レーガンを先導する形で行われた。自衛隊の護衛艦と米艦が行動を共にすることは珍しくないが、今回は安保法制が成立した直後だけに、非常に象徴的な図式となった。

 ロナルド・レーガンは今後、これまで横須賀に配備されていた空母と同様、第七艦隊の主力として、定常的な任務に就くことになる。
 ジョージ・ワシントンの後継空母が横須賀に配備されたことで、当面、日本近海における米軍の展開は従来通りとなった。また安保法制の成立で、見かけ上は日米同盟が強化されているように見える。

 ただ、現実問題として、横須賀に空母を配備しないという議論が米国で行われたというのは事実であり、日本の立場は以前とはかなり異なっている。米空母が日本に常駐していることが当たり前という時代は、すでに過去ものになっていると考えるべきだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

no image
中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、な …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …