ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた。2四半期連続のマイナスということになると、景気後退という認識が鮮明になってくる。日銀に対する追加緩和期待が高まっているが、日銀が抱えるジレンマは大きい。

nichigin04

 経済産業省が2015年9月30日に発表した8月の鉱工業生産指数(季節調整済)は前月比マイナス0.5%と2カ月連続で前月を下回った。中国経済が減速していることから、中国向けの生産が大きく落ち込んだ。生産が落ち込む一方で、在庫は増えており、在庫の増加がさらに生産を抑制するという負の連鎖が指摘されている。

 これに先だって発表されていた7月の機械受注統計も振るわなかった。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比3.6%減と予想外の大幅減となっている。機械受注は先行指標であり、その後の生産動向との関係性が深い。8月の機械受注が大幅にプラスとならなければ、その後の生産も冴えないものとなる可能性が高い。

 中国経済の失速は以前から分かっていたことであり、特に驚く話ではないが、気になるのは消費の動向である。4~6月期のGDPでは、輸出に加えて個人消費も前期比マイナス0.7%と低迷している。
 8月の消費支出は前年同月比2.9%のプラスとなったものの、6月は2.0%のマイナス、7月は0.2%のマイナスだったことを考えると、状況が大きく好転しているというわけではない。猛暑によってエアコン需要などが伸びたという特殊要因もある。

 個人消費が低迷しているのは、皮肉にも足元で物価が上昇基調を強めているからである。8月の消費者物価指数は、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」が前年同月比でマイナス0.1%となり、とうとう物価下落に転じた。
 しかし「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はプラス0.8%と上昇ペースを速めている。今年に入って円安が進んだことで、輸入物価が上昇し、値上げを実施する事業者が増えたことが主な要因である。コア指数はデフレなのに、生活実感に大きく影響するコアコア指数はプラスという厄介な状況といってよい。

 7~9月期GDPのマイナス予想が高まってくるにつれて、市場では日銀の対応に注目が集まっている。10月は今週と月末に2回の金融政策決定会合が予定されており、市場関係者の一部は10月の追加緩和を予想している。

 足元の景気動向を考えると、追加緩和に踏み切る可能性はそれなりに高いと思われるが、このタイミングで追加緩和に踏み切れば、コアコア指数の上昇を加速させる可能性が高い。
 デフレ脱却はアベノミクスの象徴だったが、実質賃金の低下で消費が低迷しつつある中での物価上昇は景気のマインドをさらに冷やしかねない。日銀にとって今ほど動きにくいタイミングはないかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …