ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。2015年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%となり、7月時点の見通しから0.2ポイント引き下げられた。資源価格の下落によって新興国経済が失速しており、これが世界経済にマイナスの影響を与えている。

imf201510

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。7月と1月に見通しの改定値を出しているが、7月時点では、いわゆる中国ショックの影響は十分に考慮されていなかった。今回の見通しでは、7月時点の見通しから、どの程度、変化するのかが注目されていたが、中国の影響は思いのほか小さかった。IMFではロシアなど資源国の景気失速を重く見ており、先進国では日本の景気失速を懸念している。

 世界経済の機関車である米国はプラス2.6%と0.1ポイントの上方修正となった。米国が上方修正なのは少々意外だが、堅調な内需が経済を牽引すると見ているようだ。欧州はプラス1.5%と7月見通しから変化していない。
 先進国で大幅な下方修正となったのは日本で、0.2ポイント引き下げられてプラス0.6%にとどまった。先進国では日本が世界経済の足を引っ張る形となってしまった。

 注目されていた中国経済の見通しだが、結果は意外にもプラス6.8%で、7月時点の見通しから変化はなかった。下方修正が大きかったのはロシアで、0.4ポイント引き下げられマイナス3.8%となっている。
 ロシアは経済のほとんどを原油や天然ガスに依存しており、原油価格下落の影響をモロに受けている。各国による経済制裁の影響も大きく、国内では激しいインフレが起こっており、経済状況はかなり厳しい。

 IMFでは、資源価格の下落が新興国経済にマイナスの影響を与えると警戒している。中国の巨額のインフラ投資は終了しており、一次産品の需要は引き続き低迷する可能性が高い。こうした状況を打開するためには、需要政策だけでなく、構造改革を通じて潜在的なGDPを高める必要があると指摘している。

 中国失速の影響を軽視しているという指摘もあるが、IMFによる世界経済全体に対する見方はおおむね正しいとみてよいだろう。中国はあくまで加工貿易を中心とした途上国であり、最終需要地域ではない。
 世界経済の動向を決めるのは、米国の個人消費であり、これが大きく崩れない限りは、世界経済の状況は変わらないだろう。今後、警戒すべきなのは、米国の堅調な消費がどこまで継続できるのかという点である。

 今回の見通しは、結果的に日本の下方修正が目立つ形となってしまったが、日本経済は潜在的なGDPが拡大しない中、供給制限によって雇用や価格を維持しているという面がある。日本はこれまで、産業構造転換の議論から意図的に目をそらしてきたが、こうした場当たり的な政策はそろそろ限界に近づきつつある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …