ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発足した。主要閣僚が揃って留任するなど、人事面で大きな動きはなかった。ただ、石破地方創生担当相が留任したことや、政権に批判的だった河野太郎氏が入閣するなど、批判の封じ込めを意識した動きも見られる。

abenaikaku3ji20151007

 財務大臣の麻生太郎氏、外務大臣の岸田文雄氏など主要閣僚は揃って留任となった。また菅官房長官や甘利経財相、塩崎厚労相なども留任となっている。文部科学大臣の馳浩氏、農林水産大臣の森山裕氏、環境大臣の丸川珠代氏など9人が新顔となっているが、基本的な政権の方向性は変わらない。現内閣の継続性を優先させつつ、大臣ポストの配分を行うための人事と考えてよいだろう。

 これは党の人事にもあらわれている。谷垣幹事長、二階総務会長、稲田政調会長、茂木選挙対策委員長の党4役と高村副総裁は揃って留任となった。

 一方で、政権に対する批判的な意見を封じ込める意図も見え隠れする。もっとも注目されていたのは石破地方創生担当相の処遇だが、結果は留任となった。しかし、今回の内閣改造では、一億総活躍担当相が新設され、このポストには加藤勝信氏が就任した。加藤氏は「マスコミを懲らしめる」発言で注目された、いってみれば安倍首相の「お友達」である。
 一億総活躍担当相の業務は、地方創生担当相の業務との重複が予想されており、石破氏の動きが制限されてしまう可能性がある。次を狙う石破氏としては、さらに動きにくくなった状況と考えてよいだろう。

 首領閣僚ではないが、河野太郎氏の入閣も注目されている。河野氏といえば、自民党の異端児として有名。脱原発を掲げ、公然と安倍政権を批判してきた。
 河野氏が就任するのは、国家公安委員長と行政改革担当相。警察を統括する国家公安委員長は公的な発言がかなり抑制されるポスト。また行革担当省として公務員制度改革を兼務するが、規制緩和などに対する発言もやはり抑制されてしまうだろう。実際、河野氏は入閣が決まると、積極的に行っていたネット場の発信を凍結。ブログの更新が止まってしまった。

 安倍政権は、総裁選において無投票で再選されたが、対立候補の出馬をめぐっては水面下で激しい権力闘争が行われた。選挙による透明性の高い議論を求め、自らの出馬を検討した野田聖子氏やその支援者らには、激しい圧力が加えられたといわれる。
 対立候補が出馬することで、政権に対する批判が一気に表面化することを恐れた措置と思われる。党内の圧倒的な支持基盤があれば、総裁選にここまで神経質になる必要はない。以前に比べて、安倍政権の政権基盤は弱体化しているとみてよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

jieitai
自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

0000b
戦慄!イスラエル軍が白昼、ハマス幹部が乗った車を正確にピンポイント爆撃

 イスラエル軍は14日、パレスチナのガザ地区で、同地を実効支配するイスラム原理主 …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …