ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発足した。主要閣僚が揃って留任するなど、人事面で大きな動きはなかった。ただ、石破地方創生担当相が留任したことや、政権に批判的だった河野太郎氏が入閣するなど、批判の封じ込めを意識した動きも見られる。

abenaikaku3ji20151007

 財務大臣の麻生太郎氏、外務大臣の岸田文雄氏など主要閣僚は揃って留任となった。また菅官房長官や甘利経財相、塩崎厚労相なども留任となっている。文部科学大臣の馳浩氏、農林水産大臣の森山裕氏、環境大臣の丸川珠代氏など9人が新顔となっているが、基本的な政権の方向性は変わらない。現内閣の継続性を優先させつつ、大臣ポストの配分を行うための人事と考えてよいだろう。

 これは党の人事にもあらわれている。谷垣幹事長、二階総務会長、稲田政調会長、茂木選挙対策委員長の党4役と高村副総裁は揃って留任となった。

 一方で、政権に対する批判的な意見を封じ込める意図も見え隠れする。もっとも注目されていたのは石破地方創生担当相の処遇だが、結果は留任となった。しかし、今回の内閣改造では、一億総活躍担当相が新設され、このポストには加藤勝信氏が就任した。加藤氏は「マスコミを懲らしめる」発言で注目された、いってみれば安倍首相の「お友達」である。
 一億総活躍担当相の業務は、地方創生担当相の業務との重複が予想されており、石破氏の動きが制限されてしまう可能性がある。次を狙う石破氏としては、さらに動きにくくなった状況と考えてよいだろう。

 首領閣僚ではないが、河野太郎氏の入閣も注目されている。河野氏といえば、自民党の異端児として有名。脱原発を掲げ、公然と安倍政権を批判してきた。
 河野氏が就任するのは、国家公安委員長と行政改革担当相。警察を統括する国家公安委員長は公的な発言がかなり抑制されるポスト。また行革担当省として公務員制度改革を兼務するが、規制緩和などに対する発言もやはり抑制されてしまうだろう。実際、河野氏は入閣が決まると、積極的に行っていたネット場の発信を凍結。ブログの更新が止まってしまった。

 安倍政権は、総裁選において無投票で再選されたが、対立候補の出馬をめぐっては水面下で激しい権力闘争が行われた。選挙による透明性の高い議論を求め、自らの出馬を検討した野田聖子氏やその支援者らには、激しい圧力が加えられたといわれる。
 対立候補が出馬することで、政権に対する批判が一気に表面化することを恐れた措置と思われる。党内の圧倒的な支持基盤があれば、総裁選にここまで神経質になる必要はない。以前に比べて、安倍政権の政権基盤は弱体化しているとみてよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

no image
チェルノブイリの80倍!福島の甲状腺異常が急増するも、検討委員会は危険はないと主張

 原発被害を受けた福島県内の子供に甲状腺異常が拡大していることが指摘されてきたが …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …