ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発足した。主要閣僚が揃って留任するなど、人事面で大きな動きはなかった。ただ、石破地方創生担当相が留任したことや、政権に批判的だった河野太郎氏が入閣するなど、批判の封じ込めを意識した動きも見られる。

abenaikaku3ji20151007

 財務大臣の麻生太郎氏、外務大臣の岸田文雄氏など主要閣僚は揃って留任となった。また菅官房長官や甘利経財相、塩崎厚労相なども留任となっている。文部科学大臣の馳浩氏、農林水産大臣の森山裕氏、環境大臣の丸川珠代氏など9人が新顔となっているが、基本的な政権の方向性は変わらない。現内閣の継続性を優先させつつ、大臣ポストの配分を行うための人事と考えてよいだろう。

 これは党の人事にもあらわれている。谷垣幹事長、二階総務会長、稲田政調会長、茂木選挙対策委員長の党4役と高村副総裁は揃って留任となった。

 一方で、政権に対する批判的な意見を封じ込める意図も見え隠れする。もっとも注目されていたのは石破地方創生担当相の処遇だが、結果は留任となった。しかし、今回の内閣改造では、一億総活躍担当相が新設され、このポストには加藤勝信氏が就任した。加藤氏は「マスコミを懲らしめる」発言で注目された、いってみれば安倍首相の「お友達」である。
 一億総活躍担当相の業務は、地方創生担当相の業務との重複が予想されており、石破氏の動きが制限されてしまう可能性がある。次を狙う石破氏としては、さらに動きにくくなった状況と考えてよいだろう。

 首領閣僚ではないが、河野太郎氏の入閣も注目されている。河野氏といえば、自民党の異端児として有名。脱原発を掲げ、公然と安倍政権を批判してきた。
 河野氏が就任するのは、国家公安委員長と行政改革担当相。警察を統括する国家公安委員長は公的な発言がかなり抑制されるポスト。また行革担当省として公務員制度改革を兼務するが、規制緩和などに対する発言もやはり抑制されてしまうだろう。実際、河野氏は入閣が決まると、積極的に行っていたネット場の発信を凍結。ブログの更新が止まってしまった。

 安倍政権は、総裁選において無投票で再選されたが、対立候補の出馬をめぐっては水面下で激しい権力闘争が行われた。選挙による透明性の高い議論を求め、自らの出馬を検討した野田聖子氏やその支援者らには、激しい圧力が加えられたといわれる。
 対立候補が出馬することで、政権に対する批判が一気に表面化することを恐れた措置と思われる。党内の圧倒的な支持基盤があれば、総裁選にここまで神経質になる必要はない。以前に比べて、安倍政権の政権基盤は弱体化しているとみてよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …