ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まってきた。2四半期連続のマイナスということになると、景気後退という認識が市場で広がってくる。日銀の金融政策や補正予算、さらには今後の政局にも大きな影響を与えそうだ。

setsubitousi

 内閣府は2015年10月8日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注は、民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比5.7%減と予想外の減少となった。6月は7.9%減、7月は3.6%減と連続してマイナスになっており、企業の設備投資が急激に萎んでいる状況がうかがえる。
 外需の落ち込みによる影響が大きいが、非製造業の受注も減っているので、企業活動全般が同じ傾向とみてよい。9月も同じような水準だった場合、7~9月期の設備投資は大幅なマイナスになるだろう。

 これに先だって経済産業省から発表された8月の鉱工業生産指数も、前月比0.5%減と2カ月連続のマイナスとなった。建設機械や自動車などが落ち込んだことが主な要因。9月の見込みは0.1%増なので、この数字をもとに7~9月期を予想すると前期比でマイナス1.1%となる。
 鉱工業生産指数は実質GDPとの相関性が高いことで知られる。4~6月期の鉱工業生産指数は前期比でマイナス1.4%だったが、同じ期の実質GDP成長率はマイナス0.3%、1~3月期の鉱工業生産指数はプラス1.6%で、GDP成長率はプラス1.1%であった。この延長で考えると7~9月期はマイナス成長となる可能性が高い。

 もし7~9月期のGDPがマイナスということになった場合、2四半期連続のマイナス成長であり、市場では景気後退というキーワードが意識され始める。10月6日と7日に開催された金融政策決定会合では追加緩和が見送られたが、次回(10月30日)あるいはその次(11月18日、19日)の会合での追加緩和というシナリオが現実味を帯びてくるだろう。

 ただ、景気後退ということになれば、これまで行ってきた量的緩和策があまり効果を発揮してなかったということでもある。仮に追加緩和が実施されても、以前のような大きなインパクトは望めないだろう。

 さらにいえば、デフレ脱却を掲げてきたアベノミクスそのものに対する批判につながる可能性もある。安保法制で支持率を大幅に低下させた安倍政権は、来年の参院選を控え、経済を最優先する姿勢を再度強調している。その矢先のアベノミクス批判となれば、党内の勢力バランスにも影響を及ぼすかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …