ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まってきた。2四半期連続のマイナスということになると、景気後退という認識が市場で広がってくる。日銀の金融政策や補正予算、さらには今後の政局にも大きな影響を与えそうだ。

setsubitousi

 内閣府は2015年10月8日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注は、民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比5.7%減と予想外の減少となった。6月は7.9%減、7月は3.6%減と連続してマイナスになっており、企業の設備投資が急激に萎んでいる状況がうかがえる。
 外需の落ち込みによる影響が大きいが、非製造業の受注も減っているので、企業活動全般が同じ傾向とみてよい。9月も同じような水準だった場合、7~9月期の設備投資は大幅なマイナスになるだろう。

 これに先だって経済産業省から発表された8月の鉱工業生産指数も、前月比0.5%減と2カ月連続のマイナスとなった。建設機械や自動車などが落ち込んだことが主な要因。9月の見込みは0.1%増なので、この数字をもとに7~9月期を予想すると前期比でマイナス1.1%となる。
 鉱工業生産指数は実質GDPとの相関性が高いことで知られる。4~6月期の鉱工業生産指数は前期比でマイナス1.4%だったが、同じ期の実質GDP成長率はマイナス0.3%、1~3月期の鉱工業生産指数はプラス1.6%で、GDP成長率はプラス1.1%であった。この延長で考えると7~9月期はマイナス成長となる可能性が高い。

 もし7~9月期のGDPがマイナスということになった場合、2四半期連続のマイナス成長であり、市場では景気後退というキーワードが意識され始める。10月6日と7日に開催された金融政策決定会合では追加緩和が見送られたが、次回(10月30日)あるいはその次(11月18日、19日)の会合での追加緩和というシナリオが現実味を帯びてくるだろう。

 ただ、景気後退ということになれば、これまで行ってきた量的緩和策があまり効果を発揮してなかったということでもある。仮に追加緩和が実施されても、以前のような大きなインパクトは望めないだろう。

 さらにいえば、デフレ脱却を掲げてきたアベノミクスそのものに対する批判につながる可能性もある。安保法制で支持率を大幅に低下させた安倍政権は、来年の参院選を控え、経済を最優先する姿勢を再度強調している。その矢先のアベノミクス批判となれば、党内の勢力バランスにも影響を及ぼすかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

doruen201505
為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …