ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まってきた。2四半期連続のマイナスということになると、景気後退という認識が市場で広がってくる。日銀の金融政策や補正予算、さらには今後の政局にも大きな影響を与えそうだ。

setsubitousi

 内閣府は2015年10月8日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注は、民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比5.7%減と予想外の減少となった。6月は7.9%減、7月は3.6%減と連続してマイナスになっており、企業の設備投資が急激に萎んでいる状況がうかがえる。
 外需の落ち込みによる影響が大きいが、非製造業の受注も減っているので、企業活動全般が同じ傾向とみてよい。9月も同じような水準だった場合、7~9月期の設備投資は大幅なマイナスになるだろう。

 これに先だって経済産業省から発表された8月の鉱工業生産指数も、前月比0.5%減と2カ月連続のマイナスとなった。建設機械や自動車などが落ち込んだことが主な要因。9月の見込みは0.1%増なので、この数字をもとに7~9月期を予想すると前期比でマイナス1.1%となる。
 鉱工業生産指数は実質GDPとの相関性が高いことで知られる。4~6月期の鉱工業生産指数は前期比でマイナス1.4%だったが、同じ期の実質GDP成長率はマイナス0.3%、1~3月期の鉱工業生産指数はプラス1.6%で、GDP成長率はプラス1.1%であった。この延長で考えると7~9月期はマイナス成長となる可能性が高い。

 もし7~9月期のGDPがマイナスということになった場合、2四半期連続のマイナス成長であり、市場では景気後退というキーワードが意識され始める。10月6日と7日に開催された金融政策決定会合では追加緩和が見送られたが、次回(10月30日)あるいはその次(11月18日、19日)の会合での追加緩和というシナリオが現実味を帯びてくるだろう。

 ただ、景気後退ということになれば、これまで行ってきた量的緩和策があまり効果を発揮してなかったということでもある。仮に追加緩和が実施されても、以前のような大きなインパクトは望めないだろう。

 さらにいえば、デフレ脱却を掲げてきたアベノミクスそのものに対する批判につながる可能性もある。安保法制で支持率を大幅に低下させた安倍政権は、来年の参院選を控え、経済を最優先する姿勢を再度強調している。その矢先のアベノミクス批判となれば、党内の勢力バランスにも影響を及ぼすかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …