ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネバダ州ラスベガスで開催された。最有力候補であるヒラリー・クリントン前国務長官が安定した対応を見せたが、全体的にリベラル色の強さが目立った。共和党ではトランプ氏が躍進しているが、民主・共和両党において政策の先鋭化が目立つ結果となった。

clintontoronkai

 討論会には、ヒラリー氏のほかに、格差是正を訴えるサンダース上院議員など5人の候補者が参加した。しかし現実には、ヒラリー氏とサンダース氏の一騎打ちの状況となっている。また今回の討論会の結果を受けて、まだ立候補を表明していないバイデン副大統領がどう動くのかについても注目が集まっている。

 ヒラリー氏は過去何度もこうした討論会を経験しており、周到な準備をして今回の討論会に臨んだ。ほとんどの質問に対してよどみなく答え、十分な経験と能力があることをアピールした。
 現在、最大の弱点となっている公務で私用アドレスを使っていた問題については「適切ではなかった」とミスを認める発言を行った。サンダース氏が「この問題については国民もいいかげんうんざりしている」と助け船を出し、重要な論点にはならなかった。

 ヒラリー氏は、最低賃金の引き上げや銃規制強化など、リベラルを強く意識した政策を次々と打ち出した。サンダース氏の主張と重なる部分が多くなり、結果的に両者の違いが薄まった格好だ。指名獲得を最優先したいクリントン氏としては、右派というレッテルを貼られ、リベラル色が極めて強いサンダース氏に敗れるというシナリオは何としても避けたいところ。その点では、ヒラリー氏の目論見通りとなった。

 ヒラリー氏はかつて、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に賛成していたが、今回は反対に回った。以前と比べて状況が変化していると説明しているが、党内の雰囲気を察知して、スタンスを変えたことは明白である。

 こうしたやり方は、夫であるビル・クリントン元大統領を彷彿とさせる。クリントン元大統領は、当初リベラル色の強い政策を打ち出したが、米国で進んでいた保守化の流れに合わせ次々と政策を変更。共和党との違いが見い出せないまでに中道路線にシフトした。一部からは「節操がない」などと批判されたが、持ち前の「軽さ」で乗り切り、当初の予想を裏切り安定長期政権となった。

 ヒラリー氏がリベラル色を強めたことや、経験の豊富さをアピールしたことで、支持率が回復する可能性が見えてきた。今回の討論会の結果は、影の主役であるバイデン副大統領の出馬の判断にも大きな影響を与えることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

hitojichi
5年ぶりに米兵解放。タリバンが撮影した引き渡し場面の驚くべき中身

 アフガニスタンでタリバンに拘束されていた米陸軍軍曹ボウ・バーグダル氏が2014 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

hasimoto2
橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと …