ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネバダ州ラスベガスで開催された。最有力候補であるヒラリー・クリントン前国務長官が安定した対応を見せたが、全体的にリベラル色の強さが目立った。共和党ではトランプ氏が躍進しているが、民主・共和両党において政策の先鋭化が目立つ結果となった。

clintontoronkai

 討論会には、ヒラリー氏のほかに、格差是正を訴えるサンダース上院議員など5人の候補者が参加した。しかし現実には、ヒラリー氏とサンダース氏の一騎打ちの状況となっている。また今回の討論会の結果を受けて、まだ立候補を表明していないバイデン副大統領がどう動くのかについても注目が集まっている。

 ヒラリー氏は過去何度もこうした討論会を経験しており、周到な準備をして今回の討論会に臨んだ。ほとんどの質問に対してよどみなく答え、十分な経験と能力があることをアピールした。
 現在、最大の弱点となっている公務で私用アドレスを使っていた問題については「適切ではなかった」とミスを認める発言を行った。サンダース氏が「この問題については国民もいいかげんうんざりしている」と助け船を出し、重要な論点にはならなかった。

 ヒラリー氏は、最低賃金の引き上げや銃規制強化など、リベラルを強く意識した政策を次々と打ち出した。サンダース氏の主張と重なる部分が多くなり、結果的に両者の違いが薄まった格好だ。指名獲得を最優先したいクリントン氏としては、右派というレッテルを貼られ、リベラル色が極めて強いサンダース氏に敗れるというシナリオは何としても避けたいところ。その点では、ヒラリー氏の目論見通りとなった。

 ヒラリー氏はかつて、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に賛成していたが、今回は反対に回った。以前と比べて状況が変化していると説明しているが、党内の雰囲気を察知して、スタンスを変えたことは明白である。

 こうしたやり方は、夫であるビル・クリントン元大統領を彷彿とさせる。クリントン元大統領は、当初リベラル色の強い政策を打ち出したが、米国で進んでいた保守化の流れに合わせ次々と政策を変更。共和党との違いが見い出せないまでに中道路線にシフトした。一部からは「節操がない」などと批判されたが、持ち前の「軽さ」で乗り切り、当初の予想を裏切り安定長期政権となった。

 ヒラリー氏がリベラル色を強めたことや、経験の豊富さをアピールしたことで、支持率が回復する可能性が見えてきた。今回の討論会の結果は、影の主役であるバイデン副大統領の出馬の判断にも大きな影響を与えることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …