ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネバダ州ラスベガスで開催された。最有力候補であるヒラリー・クリントン前国務長官が安定した対応を見せたが、全体的にリベラル色の強さが目立った。共和党ではトランプ氏が躍進しているが、民主・共和両党において政策の先鋭化が目立つ結果となった。

clintontoronkai

 討論会には、ヒラリー氏のほかに、格差是正を訴えるサンダース上院議員など5人の候補者が参加した。しかし現実には、ヒラリー氏とサンダース氏の一騎打ちの状況となっている。また今回の討論会の結果を受けて、まだ立候補を表明していないバイデン副大統領がどう動くのかについても注目が集まっている。

 ヒラリー氏は過去何度もこうした討論会を経験しており、周到な準備をして今回の討論会に臨んだ。ほとんどの質問に対してよどみなく答え、十分な経験と能力があることをアピールした。
 現在、最大の弱点となっている公務で私用アドレスを使っていた問題については「適切ではなかった」とミスを認める発言を行った。サンダース氏が「この問題については国民もいいかげんうんざりしている」と助け船を出し、重要な論点にはならなかった。

 ヒラリー氏は、最低賃金の引き上げや銃規制強化など、リベラルを強く意識した政策を次々と打ち出した。サンダース氏の主張と重なる部分が多くなり、結果的に両者の違いが薄まった格好だ。指名獲得を最優先したいクリントン氏としては、右派というレッテルを貼られ、リベラル色が極めて強いサンダース氏に敗れるというシナリオは何としても避けたいところ。その点では、ヒラリー氏の目論見通りとなった。

 ヒラリー氏はかつて、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に賛成していたが、今回は反対に回った。以前と比べて状況が変化していると説明しているが、党内の雰囲気を察知して、スタンスを変えたことは明白である。

 こうしたやり方は、夫であるビル・クリントン元大統領を彷彿とさせる。クリントン元大統領は、当初リベラル色の強い政策を打ち出したが、米国で進んでいた保守化の流れに合わせ次々と政策を変更。共和党との違いが見い出せないまでに中道路線にシフトした。一部からは「節操がない」などと批判されたが、持ち前の「軽さ」で乗り切り、当初の予想を裏切り安定長期政権となった。

 ヒラリー氏がリベラル色を強めたことや、経験の豊富さをアピールしたことで、支持率が回復する可能性が見えてきた。今回の討論会の結果は、影の主役であるバイデン副大統領の出馬の判断にも大きな影響を与えることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

egyptdemo02
エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保ってい …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

hashimoto201505
高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …