ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC)の独占に風穴があく可能性が出てきた。レーベル大手エイベックスが関連会社を通じて独自の著作権管理に動き出した。

izumigaden

 エイベックス傘下の著作権管理会社イーライセンスは2015年9月28日、同じく著作権管理業務を行うジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と事業統合に向けた協議を開始したと発表した。
 エイベックスが、自社が所有する著作権をイーライセンスに移管することに伴い、JRCとの統合で経営基盤を強化することが目的。エイベックスは今後、コンサートなどにおける演奏権を除くすべての楽曲の権利を、順次、JASRACからイーライセンスに移管する。

 JASRACはこれまで日本における音楽著作権の管理を一手に担ってきた。ただJASRACが半ば独占的にこうした事業を行っていることについて弊害を指摘する声は多い。
 特に問題視されているのは、テレビ局との包括契約。JASRACはテレビ曲と包括契約を結んでおり、テレビ局は放送事業収入の1.5%を支払うことでJASRACに登録されている約300万曲が使い放題となっている。

 この件については2009年に公正取引委員会が独禁法違反で排除措置命令を出したことをきっかけに裁判に発展しており、最高裁は今年4月、他の事業者を排除する効果があるとの判断を下している。
 テレビ局は、政府による免許性で事実上の独占が保証されている。圧倒的な影響力を持つテレビ局とJASRACが包括契約を結ぶことで、両社の独占的地位が相互に補完される仕組みである。
 JASRACは、無断で音楽をかけていないか地方の零細な商店まで調査し、使用料を徴収している。正統な権利とはいえ、テレビ局に対してはテレビ局が圧倒的に有利となる包括契約を結び、零細事業者からは厳しく取り立てるという図式は、著作権者を保護するという本来の趣旨とはかけ離れたものに映る。

 エイベックスが大ヒット曲を多数含む10万曲の著作権管理を関連会社に移管することのインパクトは大きい。これによって著作権管理の世界にも競争原理が働き、多様な管理のあり方が確立すれば、著作権者を保護するという本来の目的により近づくことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …