ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC)の独占に風穴があく可能性が出てきた。レーベル大手エイベックスが関連会社を通じて独自の著作権管理に動き出した。

izumigaden

 エイベックス傘下の著作権管理会社イーライセンスは2015年9月28日、同じく著作権管理業務を行うジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と事業統合に向けた協議を開始したと発表した。
 エイベックスが、自社が所有する著作権をイーライセンスに移管することに伴い、JRCとの統合で経営基盤を強化することが目的。エイベックスは今後、コンサートなどにおける演奏権を除くすべての楽曲の権利を、順次、JASRACからイーライセンスに移管する。

 JASRACはこれまで日本における音楽著作権の管理を一手に担ってきた。ただJASRACが半ば独占的にこうした事業を行っていることについて弊害を指摘する声は多い。
 特に問題視されているのは、テレビ局との包括契約。JASRACはテレビ曲と包括契約を結んでおり、テレビ局は放送事業収入の1.5%を支払うことでJASRACに登録されている約300万曲が使い放題となっている。

 この件については2009年に公正取引委員会が独禁法違反で排除措置命令を出したことをきっかけに裁判に発展しており、最高裁は今年4月、他の事業者を排除する効果があるとの判断を下している。
 テレビ局は、政府による免許性で事実上の独占が保証されている。圧倒的な影響力を持つテレビ局とJASRACが包括契約を結ぶことで、両社の独占的地位が相互に補完される仕組みである。
 JASRACは、無断で音楽をかけていないか地方の零細な商店まで調査し、使用料を徴収している。正統な権利とはいえ、テレビ局に対してはテレビ局が圧倒的に有利となる包括契約を結び、零細事業者からは厳しく取り立てるという図式は、著作権者を保護するという本来の趣旨とはかけ離れたものに映る。

 エイベックスが大ヒット曲を多数含む10万曲の著作権管理を関連会社に移管することのインパクトは大きい。これによって著作権管理の世界にも競争原理が働き、多様な管理のあり方が確立すれば、著作権者を保護するという本来の目的により近づくことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …