ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDP成長率は、前年同期比プラス6.9%となった。前四半期から0.1ポイント低下しており、とうとう7%を切った。成長率が7%を切るのは6年ぶりのこととなる。

chinagdp201510

 中国政府はこのところの景気失速を受け、10%台の高度成長から7%前後の安定成長へと経済目標を切り替えている。市場では中国経済がかなり失速しているのではないかとの懸念が高まっており、中国のGDP統計に対する信頼性の低さが問題視されている。一方、当局は計画経済の枠組みを維持したいと考えており、7%の成長率という看板は下ろしたくない。
 6.9%という数字は、成長が鈍化しているという説明が可能だが、7%前後の成長を維持したとも解釈できる。ある意味では、非常に絶妙な落とし所といえる。

 中国のGDP統計は、日本や米国など一般的な先進国とは少し異なる方法で作成されている。一般的な先進国では、供給側の統計データをもとに、需要側のデータを織り込みながら数値を作成していくが、中国の場合には、両者は別々に作成される。
 両者の数字には乖離が見られるが、その乖離についても分析対象とするという考え方が用いられている。

 生産側の統計は、国有企業から提出されたものが多く、政府目標に合わせて数字を調整している可能性がある。このため、中国のGDPは実際よりも過剰であるとの指摘が多い。だが、中国のGDPについては別な見方もある。
 国有企業が過剰な数字を報告するリスクがある一方、需要側の統計が整備されていないことで、多くの計上漏れがある可能性も否定できない。もし計上漏れが大きい場合、個人消費を中心に中国のGDPはもっと大きい数字になる。

 信頼性が高いと言われる輸出や電力消費などの統計は、このところ落ち込みが明白となっており、中国の生産が大幅に低下していることは間違いない。6.9%増という数字は、少し疑ってかかるべきなのは間違いないだろう。
 一方、国内の個人消費は、伸び率こそ鈍化しているが大きくは落ち込んではいない。1~9月期の消費は10.5%増となっており、1~6月期よりも0.1ポイント増えた。こうした状況は、日本への爆買いが続いていることからもある程度、推察することができる。

 中国の生産の多くは輸出のためであり、輸入も輸出を前提に行われている。このため生産の低下が、個人消費に与える影響は思ったほど大きくないと考えられる。中国経済の今後を見極めるためには、消費動向をより注視する必要があるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

mackabu
日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …