ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の金融政策に関する一連の発言について触れ、事実上すべてを撤回した。

 日銀による国債引き受けに関しては「市場でオペを通じて行うことを述べたもの」とし、直接引き受けについて言及したわけではないと説明した。また3%がふさわしいとした物価目標については「個人的には3%がよいと思っているが、2~3%で専門家に判断を任せる」と述べ、3%の数値についても前言を撤回した。
 さらに甘利明政調会長は日銀法改正について「物価目標を達成できない場合にすぐに総裁のクビをとることは考えていない」として、日銀の独立性を確保していく 考えを示した。

 安倍氏は、政権獲得後の政策について大胆な発言を行ってからわずか数日ですべてを撤回する状況に追い込まれた。日銀法の改正や国債の直接引き受けなど、非常に微妙な内容であったことから、各方面から異論が噴出した結果と思われる。

 日本ではたびたびこのような事態が発生する。特に官僚が持つ重要な権限に対して、無邪気な政治家が踏み込んだ発言を行うと、周囲が真っ青になりヒステリックに反応するという図式である。田中真紀子氏の発言には過去このようなケースが多く見られた。

 安倍氏には著名な経済評論家など数名の経済ブレーンがいるといわれている。阿部氏は、彼らのアドバイスをそのまま受け入れただけで、田中氏と同様、内容をあまり深く考えていないかもしれない。政権を投げ出したという前科を考えると、安倍氏の発言はいかにも「軽い」。
 だが仮にそうだとしても、次期首相になる可能性の高い政治家の、しかも公約に関わる発言が、わずか数日で撤回に追い込まれるという状況はまさに異常である。特にその内容が官僚の権限に触れる問題ならなおさらである。安倍氏は田中氏と同様、その無邪気さでパンドラの箱を開けたのである。

 本誌は安倍氏が主張する国債の日銀直接引き受け論については賛同していない。だが中央銀行がどこまで独立して政策判断すべきかという問題は、民主主義の根幹に関わるテーマであり、幅広い国民の議論が必要と考える。
 いかにも軽薄な安倍氏のキャラクターを割り引いたとしても、今回の前言撤回劇には何か空恐ろしいものを感じる。安倍氏の無邪気発言に慌てた周辺の人々は何を怖がっているのだろうか?それが官僚とその取り巻きである専門家と称する高学歴者達に対する畏敬の念であるなら、これほど恐ろしいことはない。

 - 政治, 経済

  関連記事

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …

northkorea
北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステ …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …