ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の金融政策に関する一連の発言について触れ、事実上すべてを撤回した。

 日銀による国債引き受けに関しては「市場でオペを通じて行うことを述べたもの」とし、直接引き受けについて言及したわけではないと説明した。また3%がふさわしいとした物価目標については「個人的には3%がよいと思っているが、2~3%で専門家に判断を任せる」と述べ、3%の数値についても前言を撤回した。
 さらに甘利明政調会長は日銀法改正について「物価目標を達成できない場合にすぐに総裁のクビをとることは考えていない」として、日銀の独立性を確保していく 考えを示した。

 安倍氏は、政権獲得後の政策について大胆な発言を行ってからわずか数日ですべてを撤回する状況に追い込まれた。日銀法の改正や国債の直接引き受けなど、非常に微妙な内容であったことから、各方面から異論が噴出した結果と思われる。

 日本ではたびたびこのような事態が発生する。特に官僚が持つ重要な権限に対して、無邪気な政治家が踏み込んだ発言を行うと、周囲が真っ青になりヒステリックに反応するという図式である。田中真紀子氏の発言には過去このようなケースが多く見られた。

 安倍氏には著名な経済評論家など数名の経済ブレーンがいるといわれている。阿部氏は、彼らのアドバイスをそのまま受け入れただけで、田中氏と同様、内容をあまり深く考えていないかもしれない。政権を投げ出したという前科を考えると、安倍氏の発言はいかにも「軽い」。
 だが仮にそうだとしても、次期首相になる可能性の高い政治家の、しかも公約に関わる発言が、わずか数日で撤回に追い込まれるという状況はまさに異常である。特にその内容が官僚の権限に触れる問題ならなおさらである。安倍氏は田中氏と同様、その無邪気さでパンドラの箱を開けたのである。

 本誌は安倍氏が主張する国債の日銀直接引き受け論については賛同していない。だが中央銀行がどこまで独立して政策判断すべきかという問題は、民主主義の根幹に関わるテーマであり、幅広い国民の議論が必要と考える。
 いかにも軽薄な安倍氏のキャラクターを割り引いたとしても、今回の前言撤回劇には何か空恐ろしいものを感じる。安倍氏の無邪気発言に慌てた周辺の人々は何を怖がっているのだろうか?それが官僚とその取り巻きである専門家と称する高学歴者達に対する畏敬の念であるなら、これほど恐ろしいことはない。

 - 政治, 経済

  関連記事

taikudeta2014
軍部が全権掌握するタイで、フェイスブックが一時利用不能に

 軍部がクーデターで全権を掌握したタイでは2014年5月28日、SNSのフェイス …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

irankakumondaigoi
イランが核問題で米欧などと最終合意。世界経済の安定化要因がまたひとつ増えた

 米欧など6カ国とイランは2015年7月14日、イランの核開発問題について最終合 …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …