ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の売り出し価格は仮条件の上限で決まった。投資家の需要が大きいことが明らかとなった形だが、グループの成長性を疑問視する声もある。

yuseijoujou

 株式を上場するのは、日本郵政株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険の3社。日本郵政は、持ち株会社であり、郵便事業に加えて、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式を保有することが主な業務となる。ゆうちょ銀行とかんぽ生命は、それぞれ銀行業務、生命保険業務を行う金融機関である。利益のほとんどは、金融機関2社によってもたらされているので、グループの業績はこの2社に大きく依存すると考えてよい。

 19日にはゆうちょ銀行とかんぽ生命の売り出し価格が決まり、ゆうちょ銀行は1450円、かんぽ生命は2200円と、仮条件の上限で決定した。日本郵政の売り出し価格決定は26日だが、金融2社が上限価格だったことを考えると、こちらも上限価格である1400円になる可能性が高まっている。

 ただグループ各社の成長性については疑問視する声が大きい。日本郵政の2016年3月期における業績予想は3700億円、ゆうちょ銀行は3200億円、かんぽ生命は840億円となっており、かんぽ生命を除くと今期は減益予想である。郵便事業は市場縮小が確実視されており、金融事業も海外展開をしない限りは大幅な業績拡大を見込むのは難しい。
 また、グループ3社は親子上場となっており、互いに利益相反を起こす可能性がある。政府の売却益確保を最優先し、市場の健全運営は後回しにした格好だ。こうした歪んだ上場形態は、業績が傾いてくると、株価に影響してくる可能性がある。

 銘柄として評価できるポイントは、割安感と配当性向の高さの2点ということになるだろう。株価の割高、割安を示すPER(株価収益率)は、売り出し価格(日本郵政については仮条件価格の上限価格)で計算すると、日本郵政が16.4倍、ゆうちょ銀行が17倍、かんぽ生命は15.7倍となり、他社との比較では割安感がある。

 また、郵政グループは、近い将来、配当性向を50%にする目標を掲げており、これが実現すると、配当利回りは各社とも約3%程度になる計算だ。ただ、2016年3月期については配当性向は25%程度に抑えられており、実際に50%になるのは2017年以降となるため、高い配当利回りの実現には多少のタイムラグがある。

 利益成長期待の低さを考えると、初値が跳ね上がる可能性はあまり高くないだろう。初値付近で長期的に安定し、高配当銘柄として保有を続けるというシナリオであれば購入を検討する価値があるだろう。逆説的だが、市場全体が弱気に推移し、上場後、株価が大きく下落するようであれば、投資妙味が出てくるかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …