ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21日、英国内で計画中の原子力発電所のプロジェクトにおいて、中国製の原発を採用することについて最終合意に達した。
 先進国において、中国製原発が採用されるのは初めてのケースとなる。英国は、習氏の訪英に対して最大級のもてなしをしており、欧米先進国と中国との関係は新たな段階に入ったことを印象付けた。

shukinpeihouei2015

 今回、合意の対象となったのは、英国内に建設を予定している3つの原発プロジェクト。中国はこれらの建設資金を提供し、その見返りとして、英国東部にあるブラッドウェル原発の開発権を得た。中国の国有企業である中国広核集団(CGN)製の原発が採用される。建設はフランス電力公社(EDF)との共同で行われる。中国は、英国の原発に資金提供し、自国製の原発を納入、さらに開発後の運営までトータルに請け負うことになる。

 英国は、かつて中国の人権問題に対して、もっとも厳しく対応してきた国のひとつ。キャメロン首相は2012年の訪中の際、チベット問題を持ち出し中国を激怒させた。またチャールズ皇太子は、チベット仏教の最高指導者で独立運動のリーダーでもあるダライ・ラマ14世と友人であると公言していた。

 中国はこれに対抗し、ドイツやフランスなど中国に対して甘い国に最大限の配慮を行い、英国に揺さぶりをかけてきた。英国内では、対中政策に関する議論が続いていたが、最終的には従来のスタンスから一転、親中国に方針を転換した。原発プロジェクトという、安全保障にも関わる分野で、大胆な中国シフトが行われたことは、こうした英国の状況を象徴している。

 もっとも今回の一連の対応は、英国流の外交テクニックのひとつと解釈することもできる。原子力発電の技術は核開発に直結するため、これまでは国家が厳重に管理するものというイメージが強かった。だが、他の技術と同様、原子力についてもコモディティ化が進んでおり、もはや、特定の先進国しか維持できないものではなくなっている。
 原発プロジェクトを中国に丸投げするという今回の発表は、政治的なインパクトは大きいが、英国にとって実質的な影響は少ない。

 英国の狡猾さは、別の部分でも垣間見ることができる。英国はチベット問題を黙認し、親中政策に舵を切ったが、一方で、習氏の記者会見では英国のジャーナリストが自由に質問することを中国側に認めさせた。会見では、ジャーナリストから手厳しい質問が相次ぎ、習氏は中国の人権問題について「改善の余地がある」と認めざるを得なかった。

 一方で中国に対する最大限の歓迎ぶりを示し、一方で、世界に対して人権国家としてのスタンスをアピールするというのは、英国らしい対応といえるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

putin
ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。  ロシア海軍は、このほど、モスクワにあ …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …