ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21日、英国内で計画中の原子力発電所のプロジェクトにおいて、中国製の原発を採用することについて最終合意に達した。
 先進国において、中国製原発が採用されるのは初めてのケースとなる。英国は、習氏の訪英に対して最大級のもてなしをしており、欧米先進国と中国との関係は新たな段階に入ったことを印象付けた。

shukinpeihouei2015

 今回、合意の対象となったのは、英国内に建設を予定している3つの原発プロジェクト。中国はこれらの建設資金を提供し、その見返りとして、英国東部にあるブラッドウェル原発の開発権を得た。中国の国有企業である中国広核集団(CGN)製の原発が採用される。建設はフランス電力公社(EDF)との共同で行われる。中国は、英国の原発に資金提供し、自国製の原発を納入、さらに開発後の運営までトータルに請け負うことになる。

 英国は、かつて中国の人権問題に対して、もっとも厳しく対応してきた国のひとつ。キャメロン首相は2012年の訪中の際、チベット問題を持ち出し中国を激怒させた。またチャールズ皇太子は、チベット仏教の最高指導者で独立運動のリーダーでもあるダライ・ラマ14世と友人であると公言していた。

 中国はこれに対抗し、ドイツやフランスなど中国に対して甘い国に最大限の配慮を行い、英国に揺さぶりをかけてきた。英国内では、対中政策に関する議論が続いていたが、最終的には従来のスタンスから一転、親中国に方針を転換した。原発プロジェクトという、安全保障にも関わる分野で、大胆な中国シフトが行われたことは、こうした英国の状況を象徴している。

 もっとも今回の一連の対応は、英国流の外交テクニックのひとつと解釈することもできる。原子力発電の技術は核開発に直結するため、これまでは国家が厳重に管理するものというイメージが強かった。だが、他の技術と同様、原子力についてもコモディティ化が進んでおり、もはや、特定の先進国しか維持できないものではなくなっている。
 原発プロジェクトを中国に丸投げするという今回の発表は、政治的なインパクトは大きいが、英国にとって実質的な影響は少ない。

 英国の狡猾さは、別の部分でも垣間見ることができる。英国はチベット問題を黙認し、親中政策に舵を切ったが、一方で、習氏の記者会見では英国のジャーナリストが自由に質問することを中国側に認めさせた。会見では、ジャーナリストから手厳しい質問が相次ぎ、習氏は中国の人権問題について「改善の余地がある」と認めざるを得なかった。

 一方で中国に対する最大限の歓迎ぶりを示し、一方で、世界に対して人権国家としてのスタンスをアピールするというのは、英国らしい対応といえるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

kanntei
2020年度の財政黒字化は困難との内閣府試算。消費税15%以外に方法はないのか?

 政府は8月8日、閣議を開催し財政健全化の道筋を示す「中期財政計画」を閣議了解し …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …