ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算をきっかけに高騰しており、アナリストも次々と予想株価を引き上げている。背景にあるのはクラウド・コンピューティングの本格的な普及である。

detacenta

 マイクロソフトが2015年10月22日に発表した2015年7~9月期の決算は、売上高が前年同期比12.2%減の203億7900万ドル(約2兆4500億円)、純利益は1.8%増の46億2000万ドルだった。数字だけを見れば減収で増益もごくわずかだが、株価は正反対の反応となった。翌日の株式市場で同社株は10%値を上げて取引をスタートしている。

 株価が大幅に上昇した理由は、同社が急速にクラウド・サービスに軸足を移しており、その成果が数字に反映されてきたことについて投資家が好感したからである。
 日本にいるとあまりピンとこないが、米国では業務用ソフト「オフィス」のクラウド転換が急速に進んでいる。クラウド経由で業務用ソフトを提供する「オフィス365」の個人利用者数はすでに1820万人に達しており、6月末に比べて300万人増加した。同社はこのサービスだけで年間2500億円の収益を上げている計算になる。

 同社では、世界にあるパソコンのうち10億台を3年以内にウィドウズ10に置き換える目標を掲げている。これらの利用者が皆、クラウドでサービスを利用すれば、理論的には現状をはるかに上回る業績を上げることも可能となる。市場はその将来性を株価に織り込み始めたと考えてよいだろう。

 アマゾンもクラウド事業によって好決算となり、株価が大幅に上昇している。同社がマイクロソフトと同日に発表した四半期決算は、前期の赤字から一転、純利益が7900万ドルの黒字となった。同社のクラウド・サービス「AWS」事業が利益を押し上げた。

 AWSは売上高こそ全体の8%程度に過ぎないが、前年同期から1.8倍の伸びとなっており、営業利益に至っては全体の半分を稼ぎ出す存在となっている。大手企業がアマゾンのクラウド・サービスに基幹システムを丸ごと移管するケースが増えてきており、情報システムの分野にはちょっとした革命が起きつつある。これまでネット上の「軽い」サービスが中心と思われていたクラウドが、本格的に企業情報システムの世界に入り込んでくるからだ。

 多くのビジネス向けシステムが本格的にクラウド上で動作するようになれば、企業のIT環境は大きく変わってくるだろう。こうした基幹システムがクラウド化される時代にあっては、マイクロソフトやアマゾンなど、これまで「重い」と思われていた企業にむしろ市場の注目が集まる可能性が高い。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …