ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算をきっかけに高騰しており、アナリストも次々と予想株価を引き上げている。背景にあるのはクラウド・コンピューティングの本格的な普及である。

detacenta

 マイクロソフトが2015年10月22日に発表した2015年7~9月期の決算は、売上高が前年同期比12.2%減の203億7900万ドル(約2兆4500億円)、純利益は1.8%増の46億2000万ドルだった。数字だけを見れば減収で増益もごくわずかだが、株価は正反対の反応となった。翌日の株式市場で同社株は10%値を上げて取引をスタートしている。

 株価が大幅に上昇した理由は、同社が急速にクラウド・サービスに軸足を移しており、その成果が数字に反映されてきたことについて投資家が好感したからである。
 日本にいるとあまりピンとこないが、米国では業務用ソフト「オフィス」のクラウド転換が急速に進んでいる。クラウド経由で業務用ソフトを提供する「オフィス365」の個人利用者数はすでに1820万人に達しており、6月末に比べて300万人増加した。同社はこのサービスだけで年間2500億円の収益を上げている計算になる。

 同社では、世界にあるパソコンのうち10億台を3年以内にウィドウズ10に置き換える目標を掲げている。これらの利用者が皆、クラウドでサービスを利用すれば、理論的には現状をはるかに上回る業績を上げることも可能となる。市場はその将来性を株価に織り込み始めたと考えてよいだろう。

 アマゾンもクラウド事業によって好決算となり、株価が大幅に上昇している。同社がマイクロソフトと同日に発表した四半期決算は、前期の赤字から一転、純利益が7900万ドルの黒字となった。同社のクラウド・サービス「AWS」事業が利益を押し上げた。

 AWSは売上高こそ全体の8%程度に過ぎないが、前年同期から1.8倍の伸びとなっており、営業利益に至っては全体の半分を稼ぎ出す存在となっている。大手企業がアマゾンのクラウド・サービスに基幹システムを丸ごと移管するケースが増えてきており、情報システムの分野にはちょっとした革命が起きつつある。これまでネット上の「軽い」サービスが中心と思われていたクラウドが、本格的に企業情報システムの世界に入り込んでくるからだ。

 多くのビジネス向けシステムが本格的にクラウド上で動作するようになれば、企業のIT環境は大きく変わってくるだろう。こうした基幹システムがクラウド化される時代にあっては、マイクロソフトやアマゾンなど、これまで「重い」と思われていた企業にむしろ市場の注目が集まる可能性が高い。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …