ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算をきっかけに高騰しており、アナリストも次々と予想株価を引き上げている。背景にあるのはクラウド・コンピューティングの本格的な普及である。

detacenta

 マイクロソフトが2015年10月22日に発表した2015年7~9月期の決算は、売上高が前年同期比12.2%減の203億7900万ドル(約2兆4500億円)、純利益は1.8%増の46億2000万ドルだった。数字だけを見れば減収で増益もごくわずかだが、株価は正反対の反応となった。翌日の株式市場で同社株は10%値を上げて取引をスタートしている。

 株価が大幅に上昇した理由は、同社が急速にクラウド・サービスに軸足を移しており、その成果が数字に反映されてきたことについて投資家が好感したからである。
 日本にいるとあまりピンとこないが、米国では業務用ソフト「オフィス」のクラウド転換が急速に進んでいる。クラウド経由で業務用ソフトを提供する「オフィス365」の個人利用者数はすでに1820万人に達しており、6月末に比べて300万人増加した。同社はこのサービスだけで年間2500億円の収益を上げている計算になる。

 同社では、世界にあるパソコンのうち10億台を3年以内にウィドウズ10に置き換える目標を掲げている。これらの利用者が皆、クラウドでサービスを利用すれば、理論的には現状をはるかに上回る業績を上げることも可能となる。市場はその将来性を株価に織り込み始めたと考えてよいだろう。

 アマゾンもクラウド事業によって好決算となり、株価が大幅に上昇している。同社がマイクロソフトと同日に発表した四半期決算は、前期の赤字から一転、純利益が7900万ドルの黒字となった。同社のクラウド・サービス「AWS」事業が利益を押し上げた。

 AWSは売上高こそ全体の8%程度に過ぎないが、前年同期から1.8倍の伸びとなっており、営業利益に至っては全体の半分を稼ぎ出す存在となっている。大手企業がアマゾンのクラウド・サービスに基幹システムを丸ごと移管するケースが増えてきており、情報システムの分野にはちょっとした革命が起きつつある。これまでネット上の「軽い」サービスが中心と思われていたクラウドが、本格的に企業情報システムの世界に入り込んでくるからだ。

 多くのビジネス向けシステムが本格的にクラウド上で動作するようになれば、企業のIT環境は大きく変わってくるだろう。こうした基幹システムがクラウド化される時代にあっては、マイクロソフトやアマゾンなど、これまで「重い」と思われていた企業にむしろ市場の注目が集まる可能性が高い。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …