ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨に中国の人民元を加える。人民元のSDR採用には、人民元が国際通貨として十分に通用していないなどの理由から米国が慎重なスタンスを崩していなかった。だが、中国との関係を強化したい欧州側がこれを押し切った。
 中国は、人民元の為替取引を国際市場に開放していく必要に迫られるが、その役割を担うのは、英国ということになりそうだ。

jinmingen

 SDRは現在、ドル、ユーロ、円、英ポンドという4つの通貨で構成している。通貨危機などが発生した際には、加盟国がこれを引き出し、金融システムの安定化に活用することができる。つまりSDRに採用されるということは、国際的に見て、極めて信頼性の高い通貨と認められたことを意味する。

 中国は大国として処遇されることを望んでおり、人民元がSDRに採用されること求めてきた。一方で中国政府は人民元の為替取引を制限しており、通貨を政府のコントロール下に置いている。取引に制限のある通貨には流動性リスクが発生するため、国際的に信用される通貨にはなれない。
 中国はこれまで人民元に対して、自国にばかり都合のよい、矛盾したスタンスを取り続けてきたわけだが、SDRに採用される以上、人民元の国際化に乗り出さざるを得なくなった。

 この難題をうまく解決してくれそうなのが英国である。習近平国家主席は2015年10月19日から5日間にわたって英国を訪問したが、一連の外交では、英国がこれまでの政策を転換し、一気に親中路線に舵を切ったことが誰の目にも明らかとなった。
 首脳会談では、原発プロジェクトや相互投資など、総額400億ポンド(7兆4000億円)ものビジネス契約が締結されたが、今回の会談における最大の成果は、ロンドンにおける為替取引拡大を通じた人民元の国際化だろう。

 首脳会談後、中国政府は、本土と香港以外では初めてとなる人民元建ての国債をロンドンで発行すると表明し、事実上、ロンドン市場を通じて、人民元の国際化を進めていく意向を明らかにしている。
 ロンドンは現在でも外国為替取引において圧倒的なシェアを維持している国際金融センターである。英国を味方に付けることで、人民元国際化の道筋はより確かなものなるだろう。一方、英国は人民元を自国市場に取り込み、為替取引のシェアを維持することが可能となる。

 ロンドン市場が人民元の取引に本格的に乗り出すことで、人民元の国際的な位置付けは大きく変わってくる可能性が高い。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …