ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、米中間の緊張が高まっている。ただ、米艦の航行そのものは、9月に行われた米中首脳会談が不調だったことからある程度、予想されていた事態であり、中国政府は今のところ抑制した対応を続けている。国際社会は、双方の次の出方に注目している。

lassen ddg82
 南沙諸島付近を航行したのは米海軍の駆逐艦ラッセン。横須賀基地所属のイージス駆逐艦で、同艦は2015年10月27日午前、中国が「領海」であると主張する、南シナ海の人工島12カイリ(約22キロ)内の海域に入った。米軍はしばらく同様の哨戒活動を継続する見通し。中国は「主権を脅かすものだ」として強く反発しているが、今のところ、それ以上の対応は行っていない。

 今回の米軍の行動はある程度予想されていた。9月に実施された習近平国家主席の米国訪問は、ビジネス面では大きな成果があったが、政治面ではほとんど成果が得られなかった。
 オバマ大統領は、習氏に対して南シナ海問題で譲歩するよう迫ったが、習氏はこれを拒否。南シナ海問題が重しとなり、首脳会談後の記者会見でも笑顔は見られなかった。

 オバマ大統領は首脳会談直後に、今回の作戦を許可したと言われており、中国側もある程度、事態は想定していたと見られる。メディアの反応も今のところ冷静だ。
 むしろ国際社会の関心は双方の次に一手に向かっている。米中双方ともこれ以上の対立は避けたいと思っているが、安易な妥協は国内対策を考えると難しい。落としどころをどのあたりに見出すのか、なかなか悩ましい状況にある。

 事態をややこしているのが英国の存在である。英国は10月の習氏の訪英をきっかけに、完全に親中路線に転換。ロンドンの金融センターが、人民元の国際化の手助けをするという方向性が明確になった。これによってIMF(国際通貨基金)の特別引出権(SDR)への人民元採用が確定的となった。米中のすきま風を利用して、英国がうまく立ち回った格好だ。

 今の状況では、人民元の国際化など、金融・経済面で米国が妥協し、安全保障面で中国の動きを抑制するという戦略が描きにくい。場合によっては米国が大幅な譲歩を迫られる可能性もある。米国は同様の作戦をしばらく継続し、中国側の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , , , , , , ,

  関連記事

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

hatoyamagoten
鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退するこ …

fbx-t
京都府が米軍レーダー受け入れを表明。中国は不快感を表明するもポーズか?

 京都府の山田啓二知事は9月19日、京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に設 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

toyamaceo
文科省の有識者委員会で飛び出したG大学とL大学って何だ?

 L大学とG大学というキーワードが教育関係者の間でちょっとした話題になっている。 …