ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、米中間の緊張が高まっている。ただ、米艦の航行そのものは、9月に行われた米中首脳会談が不調だったことからある程度、予想されていた事態であり、中国政府は今のところ抑制した対応を続けている。国際社会は、双方の次の出方に注目している。

lassen ddg82
 南沙諸島付近を航行したのは米海軍の駆逐艦ラッセン。横須賀基地所属のイージス駆逐艦で、同艦は2015年10月27日午前、中国が「領海」であると主張する、南シナ海の人工島12カイリ(約22キロ)内の海域に入った。米軍はしばらく同様の哨戒活動を継続する見通し。中国は「主権を脅かすものだ」として強く反発しているが、今のところ、それ以上の対応は行っていない。

 今回の米軍の行動はある程度予想されていた。9月に実施された習近平国家主席の米国訪問は、ビジネス面では大きな成果があったが、政治面ではほとんど成果が得られなかった。
 オバマ大統領は、習氏に対して南シナ海問題で譲歩するよう迫ったが、習氏はこれを拒否。南シナ海問題が重しとなり、首脳会談後の記者会見でも笑顔は見られなかった。

 オバマ大統領は首脳会談直後に、今回の作戦を許可したと言われており、中国側もある程度、事態は想定していたと見られる。メディアの反応も今のところ冷静だ。
 むしろ国際社会の関心は双方の次に一手に向かっている。米中双方ともこれ以上の対立は避けたいと思っているが、安易な妥協は国内対策を考えると難しい。落としどころをどのあたりに見出すのか、なかなか悩ましい状況にある。

 事態をややこしているのが英国の存在である。英国は10月の習氏の訪英をきっかけに、完全に親中路線に転換。ロンドンの金融センターが、人民元の国際化の手助けをするという方向性が明確になった。これによってIMF(国際通貨基金)の特別引出権(SDR)への人民元採用が確定的となった。米中のすきま風を利用して、英国がうまく立ち回った格好だ。

 今の状況では、人民元の国際化など、金融・経済面で米国が妥協し、安全保障面で中国の動きを抑制するという戦略が描きにくい。場合によっては米国が大幅な譲歩を迫られる可能性もある。米国は同様の作戦をしばらく継続し、中国側の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , , , , , , ,

  関連記事

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

no image
5月に行ったばかりなのに、クリントン国務長官が再び訪中。

 米国のクリントン国務長官が中国を訪問している。同長官は今年5月にも訪中しており …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …