ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、米中間の緊張が高まっている。ただ、米艦の航行そのものは、9月に行われた米中首脳会談が不調だったことからある程度、予想されていた事態であり、中国政府は今のところ抑制した対応を続けている。国際社会は、双方の次の出方に注目している。

lassen ddg82
 南沙諸島付近を航行したのは米海軍の駆逐艦ラッセン。横須賀基地所属のイージス駆逐艦で、同艦は2015年10月27日午前、中国が「領海」であると主張する、南シナ海の人工島12カイリ(約22キロ)内の海域に入った。米軍はしばらく同様の哨戒活動を継続する見通し。中国は「主権を脅かすものだ」として強く反発しているが、今のところ、それ以上の対応は行っていない。

 今回の米軍の行動はある程度予想されていた。9月に実施された習近平国家主席の米国訪問は、ビジネス面では大きな成果があったが、政治面ではほとんど成果が得られなかった。
 オバマ大統領は、習氏に対して南シナ海問題で譲歩するよう迫ったが、習氏はこれを拒否。南シナ海問題が重しとなり、首脳会談後の記者会見でも笑顔は見られなかった。

 オバマ大統領は首脳会談直後に、今回の作戦を許可したと言われており、中国側もある程度、事態は想定していたと見られる。メディアの反応も今のところ冷静だ。
 むしろ国際社会の関心は双方の次に一手に向かっている。米中双方ともこれ以上の対立は避けたいと思っているが、安易な妥協は国内対策を考えると難しい。落としどころをどのあたりに見出すのか、なかなか悩ましい状況にある。

 事態をややこしているのが英国の存在である。英国は10月の習氏の訪英をきっかけに、完全に親中路線に転換。ロンドンの金融センターが、人民元の国際化の手助けをするという方向性が明確になった。これによってIMF(国際通貨基金)の特別引出権(SDR)への人民元採用が確定的となった。米中のすきま風を利用して、英国がうまく立ち回った格好だ。

 今の状況では、人民元の国際化など、金融・経済面で米国が妥協し、安全保障面で中国の動きを抑制するという戦略が描きにくい。場合によっては米国が大幅な譲歩を迫られる可能性もある。米国は同様の作戦をしばらく継続し、中国側の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , , , , , , ,

  関連記事

motegi003
エネルギー基本計画の政府案決定を霞が関文法で解釈すると?

 政府は2014年2月25日、原子力関係閣僚会議を開催し、新しい「エネルギー基本 …

morusi
エジプトでイスラム憲法が承認。一部では預金引き出しの動きも

 イスラム色が強く民主的でないとして反発の声が大きかったエジプトの新憲法が26日 …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …