ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。成長率は物価の影響を除いた実質で前期比プラス1.5%(年率換算)となった。前期のプラス3.9%からは大きく落ち込んだが、市場が想定していたほどではなかった。米国の内需は堅調という見方が強くなっており、FRBの利上げ判断にも影響を及ぼしそうだ。

newyork02
 米国の景気を支える個人消費はプラス3.2%と、前期(プラス3.6%)に続いて堅調だった。ドル高や中国の景気失速による影響が内需にも及ぶとの懸念があったが、今のところ活発な消費が続いているようだ。大きく落ち込んだのは投資でマイナス5.6%となり、これが全体の足を引っ張った。

 企業の設備投資はプラス2.1%と、前期のプラス4.1%から下落したが、まずまずの水準を維持した。住宅投資もプラス6.1%と大きな落ち込みにはなっていない。ただ企業は景気の先行きを不安視し在庫を減らしていることから、在庫投資は大幅に減少した。また輸出もプラス1.9%と前期のプラス5.1%からは伸び率が鈍化している。

 米国のGDPは7割が個人消費となっており(日本は6割)、消費の影響が極めて大きい。また米国は日本や中国と異なり、世界の最終消費地であることから、中国の景気失速による影響は受けにくい体質である。だが中国をはじめとする新興国の景気が低迷すれば、グローバルに展開する製造業を中心に米国企業の業績が伸び悩み、最終的には内需に影響してくるシナリオが警戒されていた。

 市場では、FRB(連邦準備制度理事会)による年内利上げは不可能ではないかとの声が高まっていたが。28日のFOMC(連邦公開市場委員会)では、利上げを見送ったものの、12月利上げを示唆する内容が盛り込まれた。
 今回、7~9月期のGDPがそれほど悪い結果ではなかったことから、市場では再び、12月に利上げが実施されるとの見方が高まってきている。

 もっともドル高の影響や資源価格の下落などで、新興国向けのビジネスは当分の間、低調な状況が続く。グローバル企業を中心に業績が下方修正される可能性は高く、米国経済が急回復するというシナリオは描きにくい。
 ただ、今回のGDPの結果によって、内需まで総崩れになるという悲観的シナリオはかなり後退したと見てよいだろう。課題は山積だが、少なくとも利上げができないという状況ではなくなった。

 - 経済 , ,

  関連記事

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …