ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。成長率は物価の影響を除いた実質で前期比プラス1.5%(年率換算)となった。前期のプラス3.9%からは大きく落ち込んだが、市場が想定していたほどではなかった。米国の内需は堅調という見方が強くなっており、FRBの利上げ判断にも影響を及ぼしそうだ。

newyork02
 米国の景気を支える個人消費はプラス3.2%と、前期(プラス3.6%)に続いて堅調だった。ドル高や中国の景気失速による影響が内需にも及ぶとの懸念があったが、今のところ活発な消費が続いているようだ。大きく落ち込んだのは投資でマイナス5.6%となり、これが全体の足を引っ張った。

 企業の設備投資はプラス2.1%と、前期のプラス4.1%から下落したが、まずまずの水準を維持した。住宅投資もプラス6.1%と大きな落ち込みにはなっていない。ただ企業は景気の先行きを不安視し在庫を減らしていることから、在庫投資は大幅に減少した。また輸出もプラス1.9%と前期のプラス5.1%からは伸び率が鈍化している。

 米国のGDPは7割が個人消費となっており(日本は6割)、消費の影響が極めて大きい。また米国は日本や中国と異なり、世界の最終消費地であることから、中国の景気失速による影響は受けにくい体質である。だが中国をはじめとする新興国の景気が低迷すれば、グローバルに展開する製造業を中心に米国企業の業績が伸び悩み、最終的には内需に影響してくるシナリオが警戒されていた。

 市場では、FRB(連邦準備制度理事会)による年内利上げは不可能ではないかとの声が高まっていたが。28日のFOMC(連邦公開市場委員会)では、利上げを見送ったものの、12月利上げを示唆する内容が盛り込まれた。
 今回、7~9月期のGDPがそれほど悪い結果ではなかったことから、市場では再び、12月に利上げが実施されるとの見方が高まってきている。

 もっともドル高の影響や資源価格の下落などで、新興国向けのビジネスは当分の間、低調な状況が続く。グローバル企業を中心に業績が下方修正される可能性は高く、米国経済が急回復するというシナリオは描きにくい。
 ただ、今回のGDPの結果によって、内需まで総崩れになるという悲観的シナリオはかなり後退したと見てよいだろう。課題は山積だが、少なくとも利上げができないという状況ではなくなった。

 - 経済 , ,

  関連記事

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

kanntei
2020年度の財政黒字化は困難との内閣府試算。消費税15%以外に方法はないのか?

 政府は8月8日、閣議を開催し財政健全化の道筋を示す「中期財政計画」を閣議了解し …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …