ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成時期を再び先送りし「2016年度後半ごろ」にすると決定した。市場の一部から期待されていた追加緩和は実施せず、政策手段を温存した形だが、手詰まり感は否めない。

kuroda02

 日銀は「2年で2%」という物価目標を掲げ、2013年4月から大規模な量的緩和を開始した。当初、物価は順調に上昇し、2014年夏にはプラス1.4%に達したものの、これ以降、物価上昇率は低下し、2015年8月にはとうとうマイナスに転じてしまった。
 日銀は、2年で2%という目標の具体的な達成時期について、当初「2015年度を中心とする期間」としていたが、今年の4月には「2016年度前半ごろ」と先送りを決定、今回「2016年度後半ごろ」と再度、先送りすることになった。

 8月に引き続いて9月の消費者物価指数も、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」がマイナス0.1%となり、物価下落が鮮明になっている。ただ、「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はプラス0.9%と上昇ペースを速めている。円安による値上げが影響しており、エネルギーを除くとインフレは進んでいると見ることも可能だ。

 市場は量的緩和策に慣れてしまっており、仮に追加緩和策を実施しても、前回のような効果は得られない可能性が高い。またテクニカルな問題として、市場で国債が枯渇しており、現実に大規模な国債購入を継続できないという問題もある。
 日銀としては、追加緩和策は最後の手段であり、できるだけ温存しておきたいというのがホンネだろう。その意味では、エネルギー価格を除けば、物価上昇が継続しているという消費者物価指数の動向は、ギリギリの拠り所ということになる。

 ただ、2度も物価目標を先送りしたという事実は、量的緩和策の効果が十分ではなかったことを事実上、市場に対して表明したことに等しい。日銀が政策的に追い込まれているという印象は否めない。
 頼みの綱は米国である。FRB(連邦準備制度理事会)は、10月のFOMC(連邦公開市場委員会)において年内の利上げ実施を示唆する声明を発表した。もし利上げが実施されれば、円安が進み、追加緩和を行わなくても、物価上昇に弾みがつく可能性がある。少なくとも、FRBの動きを見極めるまでは動かない方が得策ということだろう。

 もっとも、金融政策だけで根本的な問題を解決するという考え方には無理がある。経済システムが硬直化している状況では、いくら日銀がマネーを刷ったところで、インフレ期待が設備投資の増加に結びつく可能性は低い。多くの人が、そのように考えている状況では、実際にマネーが回り始めることはないだろう。
 だが、こうした硬直化した経済システムの現状維持を望んでいるのは日本人自身である。八方塞がりになっているのは、日銀ではなく、日本人自身といった方がよいのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …