ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が話題となっている。ネット媒体などでは7~9月期の損失が8兆円から10兆円に達すると報じられているが、実際の株価の動きとGPIFのポートフォリオを考えれば当たり前の数字であり、特に驚くべき状況ではない。
 ただ、国民の年金が株価と連動する状況になっていることは、あまり知られておらず、具体的な数字が明るみに出ることで政治問題化する可能性がある。

gpifpotoforio201506

 現在、GPIFは140兆円ほどの資金を運用している。安倍政権は、今後インフレが進行する可能性があることから、公的年金の運用方針の見直しを進めてきた。昨年10月にまとまった新しい運用方針で は、国債の比率が60%から35%に低下し、国内株の比率が12%から25%に増加している。外国株を合わせると40%が株式というポートフォリオだ。

 ただこうした運用方針の見直しは、株価対策という面があることは否定できない。実際、GPIFのポートフォリオ変更に伴って巨額の資金が株式市場に流入し、株高が演出されてきたのは事実である。

 年金運用資金の約半分が株式に投入されていれば、当然、年金積立金の運用は株価に依存することになる。2015年4~6月期の運用実績は株価の上昇によって2兆6489兆円のプラスとなった。
 一方、7~9月期は世界的に株価下落に見舞われており、当然、その分だけ運用損失が発生する。6月末時点におけるGPIFの日本株の比率は23.4%、外国株の比率は22.3%、合計すると45.7%が株式で運用されている。この間、日経平均は約14%、ダウ平均株価は約8%下落している。外国株が米国株のみと仮定し、単純にこの数字を当てはめると約7兆円ほどの損失が発生している計算になる。

 GPIFでは日本株の期待リターンを約6%、1年間で想定されるリスク(ボラティリティ)を最大 (2σ=確率95%)で±50%としており、外国株もほぼ同様の数値が想定されている。年間の想定最大損失は30兆円に達する計算となるので、今回の数字は特に驚くべきものではないという解釈が成立する。

 ただ金融工学的にはそうであっても、この事実は国民の間に周知徹底されているとは言い難い。7~9月期の運用実績の公表は11月中だが、具体的な数字が明るみに出ることでショックが拡がり、政治問題化する可能性は否定できない。

 今日は日本郵政グループの上場日だが、政府内部ではGPIFに続いて、ゆうちょ銀行の運用資金の日本株投入に期待する声も大きい。だが、GPIFの損失が明らかになれば、ゆうちょ銀行の資金を活用した株高シナリオも見直しを余儀なくされるかもしれない。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

orinpic
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

 2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …