ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退すること正式に表明した。国民や支持者らに感謝を述べ、「政治家として幸せな人生だった」と語った。鳩山氏は記者会見に先立ち、党本部で野田佳彦首相と面会。総選挙への立候補を断念する旨を伝えていた。

 鳩山氏は、民主党が次期衆院選の公約に掲げている、消費税の増税と環太平洋経済連携協定(TPP)の推進方針に反対していた。民主党執行部は総選挙で公認する条件として、党方針に従う誓約書の提出を求めており、鳩山氏は厳しい立場に追い込まれていた(本誌記事「宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ」参照)。無所属で出馬したとしても、自民党がオリンピック選手という著名人を対抗馬に擁立する構えで、苦戦が予想されていた。無所属で出馬して敗北するという不名誉な事態だけは避けたいとの判断が優先したものと思われる。

 鳩山氏の「潔い」引退表明に賛同の声があがる一方で、支援者の一部からは「無責任」との声も聞かれる。鳩山氏は首相に「第三の人生を歩みたい」と伝えたとされるが、巨万の富を持つをリッチ政治家ならではの執着心のなさといえよう(写真は音羽の鳩山御殿)。
 鳩山氏の弟である鳩山邦夫元総務相も、一時引退を匂わせ「オレは蝶の収集ができれば人生は満足なんだ。いつでも辞めていい」と発言したことがある。性格は正反対といわれる鳩山兄弟だが、権力へ執着しないボンボンっぷりはそっくりのようである。

 政治とカネをめぐる問題は何十年も前から議論されてきた。日本の世論は基本的に政治活動にお金かかることを容認しない。世論の高まりをうけて政治資金規正法は何度も改正されたが、抜け道が存在することや、献金を過度に規制することで既存の政治家に有利になるなどの弊害が見られ、まったく効果が上がっていない。といよりも、政治家は冠婚葬祭の費用だけで途方もない金額が必要となり、タテマエなど言っていられないとういうのが現実。常に資金が不足しており、政治資金規正法が守られることはない。
 その意味でブリジストン創業者一族を母に持つ鳩山氏は、政治資金のすべてを自費で賄える稀な政治家であり、その「清潔さ」が大いに期待された。

 だが一方で、その富を背景にした権力に対する執着心のなさは、下手をするとただの無責任になってしまうという皮肉な結果を生み出している。しかも欧米では資産家であることが「クリーン」な政治家としてのアピールになるが、日本ではそうもいかない。富に対する嫉妬の念が大きいからである。
 かつてリーマンショックで株価が暴落した際、鳩山邦夫氏が「今回の急落で40億円損した」と口走ったことがある。兄の由紀夫氏は有権者からのやっかみを気にして「余計なことを言うな」と激しく怒った。

 お金がなく、資金集めに奔走する政治家は「金権政治家」と批判される。富裕層で汚いカネに手を付けなくてもよい政治家は「金持ち」と非難される。だが現実の政治活動にはお金がかかる。結局のところ、貧乏だがお金にクリーンなように「見える」政治家しか評価されないことになる。だがそんな政治家が実際に存在するはずがない。日本の有権者は虚構の世界に生きているようである。

 - 政治

  関連記事

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

bnppariba
米国が仏BNPパリバに巨額の罰金。背景にはロシアへの武器売却問題なども

 米司法省は2014年6月30日、仏金融機関最大手BNPパリバに対して、89億ド …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …