ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比27万1000人増となり、市場予想を大幅に上回った。米国経済が力強く成長していることを印象付ける内容であり、市場は一気に12月利上げという予想に傾いている。

usakoyoutoukei201510
 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。雇用統計には多少のブレがあるが、これまでは平均すると20万人増のペースが続いていた。しかし8月の中国ショック以降、製造業での雇用の伸び悩みから増加ペースが鈍化していた。8月は15万3000人、9月は13万7000人であり、こうした状況を受け、FRB(連邦準備制度理事会)は9月、10月の利上げを断念している。

 10月は年末商戦を控え雇用が増加する傾向があることや、8月、9月に低迷した反動で数字が上乗せされた可能性がある。だが30万人近い増加というのは、それを差し引いても十分な水準であり、米国の内需が堅調に推移していることをうかがわせる。

 失業率は前月よりさらに0.1ポイント低下し5.0%となった。米国の労働市場が完全雇用に近づいていることは以前からはっきりしていたが、賃金上昇ペースが鈍いことが一部から指摘されていた。だが、平均時給は25.2ドルと前月比0.09ドルの増加となっており、前年同月比では2.5%も増えた。これは6年ぶりの高い水準であり、賃金の上昇も確認できた形だ。

 今回の雇用統計を受けて、市場は完全に利上げモードに入っている。10月半ばに2%を切った長期金利は一気に2.3%を突破、為替は123円台に突入している。来年は大統領選挙があり、政治的に動きにくい環境となる。よほどのネガティブ要因が出てこない限り、12月に利上げが実施される可能性はかなり高まってきたといえるだろう。

 もしかすると今回の雇用統計をもっとも喜んでいるのは、日銀かもしれない。日銀は10月の金融政策決定会合で追加緩和を見送るとともに、物価目標の達成時期を再度延期した。
 米国が利上げに踏み切ってくれれば、追加緩和を実施しなてくも円安効果を得ることができる。現時点では円安以外に物価を上昇させる要因がなく、米国要因で円安が進むことは、日銀にとって都合がよいはずだ。また、追加緩和発動までの時間稼ぎが出来たことも大きいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …