ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比27万1000人増となり、市場予想を大幅に上回った。米国経済が力強く成長していることを印象付ける内容であり、市場は一気に12月利上げという予想に傾いている。

usakoyoutoukei201510
 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。雇用統計には多少のブレがあるが、これまでは平均すると20万人増のペースが続いていた。しかし8月の中国ショック以降、製造業での雇用の伸び悩みから増加ペースが鈍化していた。8月は15万3000人、9月は13万7000人であり、こうした状況を受け、FRB(連邦準備制度理事会)は9月、10月の利上げを断念している。

 10月は年末商戦を控え雇用が増加する傾向があることや、8月、9月に低迷した反動で数字が上乗せされた可能性がある。だが30万人近い増加というのは、それを差し引いても十分な水準であり、米国の内需が堅調に推移していることをうかがわせる。

 失業率は前月よりさらに0.1ポイント低下し5.0%となった。米国の労働市場が完全雇用に近づいていることは以前からはっきりしていたが、賃金上昇ペースが鈍いことが一部から指摘されていた。だが、平均時給は25.2ドルと前月比0.09ドルの増加となっており、前年同月比では2.5%も増えた。これは6年ぶりの高い水準であり、賃金の上昇も確認できた形だ。

 今回の雇用統計を受けて、市場は完全に利上げモードに入っている。10月半ばに2%を切った長期金利は一気に2.3%を突破、為替は123円台に突入している。来年は大統領選挙があり、政治的に動きにくい環境となる。よほどのネガティブ要因が出てこない限り、12月に利上げが実施される可能性はかなり高まってきたといえるだろう。

 もしかすると今回の雇用統計をもっとも喜んでいるのは、日銀かもしれない。日銀は10月の金融政策決定会合で追加緩和を見送るとともに、物価目標の達成時期を再度延期した。
 米国が利上げに踏み切ってくれれば、追加緩和を実施しなてくも円安効果を得ることができる。現時点では円安以外に物価を上昇させる要因がなく、米国要因で円安が進むことは、日銀にとって都合がよいはずだ。また、追加緩和発動までの時間稼ぎが出来たことも大きいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …